2011年06月17日

「終わりなき人体汚染〜チェルノブイリ事故から10年〜」

IAEAが出鱈目な組織だということも分かります。


続きを読む
posted by kewpie at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 震災・原発事故

放射性物質拡散予測

ドイツ気象局(正式名称:Deutsche Wetterdienst、通称:DWD)
にある
放射性物質拡散予測(シミュレーション)のアニメGIF
のキャプチャ画面が下の画像。

dwd.gif


 16日(木曜日)日午前0時(日本時間午前9時)に放出された放射能は、19日(日)午前0時(日本時間午前9時)ごろのには、日本の広範な地域に広がると予測されています。
 これは、相対的な拡散のシミュレーションですので、実際、16日の当該時刻にどれくらい放射能が放出されたのかにより、どういったレベルでその範囲に広がるかは変わってきますが、それにしても、北海道や近畿・中国地方も人ごとと構えてはいられません。

 この図の見方について、「子どもを守ろう」のサイトに日本語訳が掲載されています。

>赤:濃度は僅かに希釈されている
>黄:濃度はかなり希釈されている
>白:濃度は極めて希釈されている

posted by kewpie at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 震災・原発事故
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。