2017年04月12日

5m走行で役割を終えるタイヤ

 昨日、雨の降る中、車で出勤をしようとすると様子が変です。変な音がします。
 数週間前からパワステが壊れハンドルが容易に回せなくて、その関連かとも思ってそのまま走行を始めましたが、変です。バタバタとタイヤから音がします。雨のために泥が付いているのかと思いましたが、それならばすぐに止むはずです。
 通りの激しい2車線の交差点を横切ってから、ようやく路肩に寄せてタイヤを見ると何とパンク、しかもぺちゃんこになっていました。
 通常ならば2〜3mも動かせばすぐに気づくはずのパンクですが、パワステの故障と雨音で理解出来なかったのです。間が悪い!

 かなりの降り(これも間が悪い!)でしたので、とても雨に濡れながらスペアタイヤへの交換をする気にはなれず、自宅からすぐ近くでしたので、自宅まで戻りました。
 ハザードを点灯しゆっくりと走行しました。タイヤは駄目になりますが、ホイールだけはせめて使えるようにしたかったのです。取りあえず、別の車で出勤。

 そして、雨の上がった今日、パンクの対応をすることにしました。

パンク01.jpg





続きを読む
posted by kewpie at 20:51| Comment(2) | TrackBack(0) |
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。