2014年07月27日

FAXの価格低下と機能向上、そして…

 長い間使ってきたFAX機と子機群4台に退役してもらい、新しいFAX機と子機を迎えました。
 今回購入をしたのはPanasonic製です。子機2台付きのセットです。

KX-PD502DW-W.jpg


 型番はKX-PD502DW-W。型番の流れや意味はよく分かりませんが、後ろのDWは子機2台で、1台の場合はDL。また最後のWはWhiteの意味です。
 実は買い換えのきっかけは近所のHARD OFFに行ったことです。店内をうろうろとしていると、FAXの新品が15,250円で陳列されていました。しかも、子機2台付きです。今回私が購入したものと同じ…というか、同じものを買ったわけです。
 「今やこんなに安くなっているのか」と驚きました。帰宅後調べてみると、さすがに15,250円で売られているのは見かけませんでしたが、16,280円というのが通販で何店かでありました。調べてみると税込み金額です。15,2505円の消費税を加えると同じ金額になるので、インターネット通販での購入にしました。

 今回の買い換えの直接のきっかけは「安かったら」ですが、もともと老父母が古い子機の小さな液晶表示のダイヤル番号などは見えないということが気になっていました。
 今回のものは白いバックライトが点灯し、大きめの漢字表示ができます。しかも、登録してある番号ならば、その電話主の氏名を呼び出し音とともに読み上げてくれるという親切さ。
 この他の特徴などは後ほど書くことにしますが、別にあと一つだけ今日の内に書いておくことにします。

 それは子機の価格のことです。今までの意識だと「子機は割高」で、とても書いた好きにはなれませんでした。たしかに今でも定価で16,000円くらい、実売で12,000円というようなことになっています。
 しかし、今回購入したセットもfax機に子機2台を含めて16,000円余りです。普通の電話+子機1台のセットが何と5,000円ほどでも買えるのです。子機の単品でなくてセットで買った方が安いのです。
 よく分からないのですが、FAX機+子機のセットから子機だけ取って、オークションに売られています。今回購入したセットの子機だと5,500円〜6,500円程度です。
 そういえば、オークションに「新品プリンター」が数千円で出ていました。ただし「訳あり」で、付属のインクが欠品だとのこと。
 別に売った方が儲かる、という仕組みがあるのでしょうね。私にはよく分かりませんが。



posted by kewpie at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101989641
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。