2014年09月21日

「ハッピーフライト Happy Flight」をテレビで見ました

 間違えてテレビを購入して以来、パソコン横のッテレビを「ながら見」するようになってきましたが、基本的には普段、ニュース番組などを除くとあまりテレビは見ません。
 ただ、昨夜は飛行機モノの放送があったので、テレビに面と向かって2時間、矢口史靖監督「ハッピーフライト Happy Flight」を見ました。

happyflight01.jpg


 矢口史靖監督と言えば、「ウォーターボーイズ」「スウィング・ガールズ」が何と言っても良かったと思います。

 「ハッピーフライト」のことは耳にしていたものの、すっかりその存在を忘れていました。2008年の作品ということですので、もう6年も経っているのですね。「ウォーターボーイズ」「スウィング・ガールズ」と比べると一つの映画としての仕上がりが今ひとつです。
 というのは、「ウォーターボーイズ」「スウィング・ガールズ」は喜劇として仕上がっています。「ハッピーフライト」も喜劇ですが、矢口の飛行機マニアぶりを発揮しながら、あり得ないシーンでの「喜劇」がミックスされていて、中途半端なのです。

 例えば、副操縦士を目指す鈴木( 田辺誠一)のおっちょこちょいや、無知ぶりは、ちょっとあり得ないひどさです。

happyflight02.jpg


 「着陸時には滑らかに着陸するのがいい」と言います。これについて機長(=時任三郎)が尋ねること自体、あり得ません。滑走距離を短くするため、ぶつけるようにして着陸するのが良いということは、アマチュアにも知られていることです。
 また、同様に機長と副操縦士が食事のトラブルを軽減するため、同じ食事をしないこともよく知られていますから、これに関してCAとのやりとりはあり得ないはずです。

happyflight03.jpg


 CA斉藤(綾瀬はるか)のおっちょこちょいぶりも、かなりのレベルです。

happyflight04.jpg


 ただ、斉藤が調理をミスして代わりに予定外のものを作るなんていうことは、素人でも分かりますが、それ以外で、プロの視点からの「あり得ない」は分かりません。

 グランドスタッフと客室乗務員との確執も描かれていて、「ありそう」と思いました。

happyflight06.jpg


 グランドスタッフの木村(田畑智子)のがんばりぶりは、グランドスタッフそのものです。別のドキュメンタリーで何度か見ましたが、確かに大変な仕事のようです。このシーンで、田畑は肋骨の骨折をしたそうです。

happyflight08.jpg


 転んだ後にバスを追いかけます。

happyflight09.jpg


 このシーンは、骨折後に撮影したのでしょうか。それとも、骨折以前に撮影されていたものなのでしょうか。

 このように喜劇にするためにやや無理のある場面が多々ありますが、一方でリアルな場面も多く、見ていて嬉しい(?)シーンも少なくありません。

 ジャンボ機の模型がどうしても「模型」と分かってしまうシーンがある一方、ここはリアルです。ここなんて、模型か実写か分かりません。

happyflight10.jpg


 それだけではなく、横風を受けながら、こうやって機体を斜めにして滑走路に向かうなんていうことは多くの一般の人には知られていないことでしょうが、矢口監督は描きたかったのでしょう。

 着陸の豪快なシーンも見ていて楽しいものです。

happyflight11.jpg


happyflight12.jpg


 そういえば、ピトー管4本が完全でない状態で離陸しましたが、こういうことってあり得るのでしょうか。

happyflight13.jpg


 案外ありそうです。

 飛行機マニアの矢口監督が、マニアックな飛行機映画として仕上げたい気持ちといつもの喜劇として仕上げるという方向が、1本の映画とするにはやや無理があったのかも知れません。
 しかし、私には不自然さを感じながらも、逆に知識不足故分からない「マニアックなシーン」をみつけられるといいなと思っています。そんなわけで、録画した番組からCMカットして、DVD-VIDEOフォーマットでただいままとめている次第です。

 こんな本まであるので、参考になりそうです。

happyflight14.jpg


 そうそう。エンドロールにも、その後のストーリーが描かれているとのことですので、これも見直す価値がありますね。
posted by kewpie at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 航空機
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103800849
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。