2014年10月03日

新幹線50周年特設サイト〜読売新聞

 読売新聞が新幹線50周年特設サイトを設けています。他の新聞社などもあるかも知れません。

shinkansen50_01.jpg


http://www.yomiuri.co.jp/special/shinkansen/

 何と呼ばれるのでしょうか。通常のHTMLページなのですが、特定のテーマについて画面一杯を利用しながら、文字・画像・映像などで情報を伝える形式です。アメリカのサイトで雪山事故を報じるものや、浅田真央のソチオリンピックでの演技を伝えるものがありました。


 さて、新幹線第1号の運転手の話。(テレビの番組でも聞いたエピソードですが。)

1964年10月1日。開業その日を精鋭運転士たちはどう迎えたのか。新大阪から東京に向かう最初の「ひかり」を運転した大石和太郎さんに聞いた。

--------
予定になかった? 210キロ

 私は開業準備といって、1年以上前からいろんな準備をしていましたが、営業後と同じダイヤで東京―新大阪を走ったのは9月中頃。10月1日の前までまともに定時で走ったことがありませんでした。
 当日は「とりあえず動いて、なんとか駅のホームから姿が見えなくなるところまで行ければ」なんて冗談も言っていたぐらい。誰も定時に着くなんて思っていなかったのですが、10月1日は不思議とトラブルがなかった。本当に不思議でした。


 ダイヤに余裕を持たせていたこともあって、本当は時速200キロは出す必要はなかったんです。ところが、京都駅に近づいてきた頃に車掌から「時速200キロはいつ出るんだ?」と言ってきました。「これはまずい」と思いました。お客さんは200キロを期待している。ビュッフェにある速度計でばれちゃうんですよ。
 期待はずれだったとがっかりされると困るから、1回出してやろうと思いました。でも、200キロを出すと予定より早く走ることになる。京都の出だしと名古屋の到着間際は、速度を落としてもごまかせるので、その間で時速210キロ目いっぱい出しました。まさにイベント列車でした。

 駅の通過とか、到着、出発で時間を合わせるのは、かなり苦労しました。東京駅に着くときも予定より少し早めに走っていました。これではまずいので、手前でゆっくり走りました。在来線にバンバン抜かれたんですけど、構いません。向こうのお客さんは笑っていたけど、とにかくゆっくり。
 新橋辺りのビルの谷間に来たら、ほとんどの窓から、手を振ってくれました。早めに来ちゃって、時間調整でゆっくり走ったのがよかったのかもしれません。


 気の利いた対応です。

タグ:新幹線
posted by kewpie at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104117406
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。