2015年01月04日

今年で最大の収穫〜「世界の果ての通学路」

 まだ新年を迎えて4日目だというのに、「今年で最大の収穫」と言い切れるのかどうか分からないけれども、動画ファイル作成上の、数年来の問題・疑問が解決しました。映画の内容も良かったのですが、感想は後ほど。
 デジタルテレビ放送を録画したと、HDDからBD(私が普段使っている録画可能テレビはDVDは使えない)にダビング10を利用してコピーをし、さらに使いやすいように編集(主にチャプターを入れることと、メニューを作ること、CMカットなど)をします。使っているソフトは、TMPVEnc Authoring Works5です。
 Wizardを使ってBDからデータを読み込みます。
 その際には、「DVD、BD、AVCHD、HDDカメラ、メモリーカードリーダーなどから追加する。」の項目をずっと選んでいました。

bd-copy01.gif


 「問題・疑問」はこのときにおきます。ディスクによって(正確には録画した番組によって)「字幕が見えない」「音声言語が1つになってしまう」「ステレオ音声のはずなのにモノラルになってしまう」などの問題があるのです。

 今回の「世界の果ての通学路」は、「ステレオ・2か国語・字幕放送」のはずです。ところが次ののスクリーンキャプチャの通り、「字幕」を認識してくれません。

bd-copy04.gif


 さらに、そのまま編集画面に進むと、音声も「モノラル・1か国語」でしか認識してくれていないことが分かります。(読み込む前には「ステレオ」と表示されていましたが、再生は「モノラル」でした。)

 長い間不思議に思っていたことは、
1 録画をしたテレビには、ダビング10によるコピーの際に、字幕や音声を選択する機能はない
2 字幕や音声多重の読み込みに、ソフトウェア側で設定はない
3 パソコンのDVD/BD再生ソフトでBDを再生すると、ステレオ音声・音声多重・字幕を意図通りに選択できる(いつも確かめたわけではない)
ということです。
 データとしてはBDは持っているのに、TMPVEnc Authoring Works5が機能しない(正しく認識してくれないのか)とも思いました。

 今回ふと思ったのは、「世界の果ての通学路」の直前に録画されている前の番組(タイムラグにより録画したい番組の冒頭が録画できないのを防止するために数秒間だけ録画される)の音声や字幕の情報を、「世界の果ての通学路」としてTMPVEnc Authoring Works5が認識してしまうのではないか、ということでした。ただ、テレビでのコピーで途中からコピーする機能はありませんし、TMPVEnc Authoring Works5のWizardでも、途中から読み込むという設定はありません。
 諦めきれず、そして今までの問題を何とかこの機会に解決したいと思い、Wizardの画面をよく見直しました。

bd-copy02.gif


 「TS/PGMXファイルを詳細に解析して追加する」という項目があります。この存在自体はもちろん承知をしていましたが、わざわざTSファイルを指定するのは面倒です。ドライブを指定する方が楽ですので、これを使うことは滅多にありませんでした。使うとすれば、HDDにすでにDVDファイル群をコピーしてしまい、DVDやBDとしてドライブを指定出来ない場合のみです。

 しかし、苦しいときには藁も掴みたくなります。この藁を掴んでみました。
 その結果が次の通りとなりました。

bd-copy03.gif


 見事に、ステレオ・2か国語・字幕、さらにはクローズドキャプションまで(実際のところ、CCデータの使い方は分からないが)が選択できるようになっているではありませんか。
 1つの番組なのにいくつも番組の選択肢があるのはどうやら、
1 「1つの番組」としてコピーされたものを、音声や字幕に拘わらず、あくまでも「1つの番組」として取り込む。
2 「1つの番組」としてコピーされたものでも、音声や字幕の条件が異なる場合、「別々の番組」として取り込む。
を選ぶことができるようになっているのでした。

 今ままでに、恐らく直前に録画された番組の影響で、正しく音声・字幕が認識できずに編集をした録画のことが何とも残念ですが、これからはこのトラブルはなくなりそうです。


 長い間の疑問が解決しました。

-----
追記

 複数の番組を入れたBDの読み込みも同じでした。

1番目の「ファイル」や2番目の「DVD・・・などから追加する」を選ぶと、音声情報や字幕情報の読み込みがちゃんとできません。

bd-copy10.gif


 一番上は「クローズアップ現代」の録画ですが、直前の番組が「デュアルモノラル/字幕あり」だったのでその選択ができるようになっているのだと思います。

 「TS/PGMXファイルを詳細に解析して追加する」を使うと、最初に3つの番組のどのTSファイルを選ぶかが表示されて、さらに、音声や字幕の選択もできるようになりました。

posted by kewpie at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ファイル作成
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/109995344
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。