2015年04月25日

便利な UnplugDrive Portable は使えない

 変なタイトルになってしまいました。

unplug01.png


 誤解をされると、UnplugDrive Portableの作者に申し訳ないので最初にお断りをしておくと、UnplugDrive Portableはとても便利な、「使える」ソフトで、毎日活用させていただいています。これからも使い続けるでしょう。

 USB規格は便利な便利なものですが、ストレージディバイスを取り外すときのwindows標準の「ハードウェアの取り外し」手順だと、

unplug03.png


という表示で、どのディバイスを取り出していいのか分からない場合が少なくありません。

unplug02.png
(この例だとSDカードに名前が付いていますが…)


 一方、UnplugDrive Portableでは、エクスプローラで取り外したいディバイスの中にあるUnplugDrive.exe
を実行するので、間違えることはあり得ません。

 実行すると、こんな表示が出ます。

unplug04.png


unplug05.png


 これで安心して取り外しができます。
 こんなに便利なツールです。

 さて、本題はこれからです。
 内蔵のカードリーダーを交換して、いつもの調子で UnplugDrive Portable をしてしまうと、次にカードを挿入したときに、カードを認識してくれないのです。
 ディバイスマネージャで見ても、当該ディスクドライブが消えています。

 「便利な UnplugDrive Portable は、内蔵USBカードリーダーでは使えない」ということになります。
 本体にインストールするUnplugDriveというソフトもあるのですが、残念ながら対応がXPまでということで、使えないのです。

 Windows標準の「ハードウェアの取り外し」に戻るしかないのでしょうか。

 ところで、内蔵カードリーダーを交換したのを機会に情報を検索してみると、「認識しない」という情報がたくさんあることに気づきました。今回、私が交換した理由も同じです。
 で、その場合の対応ですが、電源を切り、さらにプラグも抜いて数分待って再起動、というのが有効のようだと分かりました。
 この情報を先に読んでいたら、交換をしないで済んだかも知れません。

------
追記
 内臓カードリーダーの正しい(?)使い方が分かりました。



 
タグ:UnplugDrive
posted by kewpie at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/123149583
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。