2008年03月20日

ABOUT JEROENWIJERING.COM 翻訳3

http://www.jeroenwijering.com/
の、特に FLV Playerに関するページを翻訳〜第3回目です。

設定の要であるFLASHVARSの説明です。長いので後半は第4回に分けました。

英文はサイト所有者Jeroen Wijering氏の著作であり、氏に著作権があります。

--------------(Contents of the 1st Half of :http://www.jeroenwijering.com/?item=Supported_Flashvars)

SUPPORTED FLASHVARS
script | 16.02.2008 | print this page

Flashvars are variables you can insert into your HTML code to control both behavior and appearance of the FLV Media Player, Image Rotator and WMV Player. With the swfobject embed method, you add them with the addVariable() function and with the embed tag method they are inside the flashvars attribute, stacked with an & symbol. For the wmvplayer, you can simply put all variables in a javascript array. Use the setup wizard to easily set all flashvars and copy-paste the resulting codes.

The default value for each flashvar is stated between () brackets. Unless otherwise specified, the flashvar applies to the mediaplayer, imagerotator and wmvplayer.


The basics

  • height (320): Sets the overall height of the player/rotator.

  • width (260): Sets the overall width of the player/rotator.

  • file (undefined): Sets the location of the file to play. The mediaplayer can play a single MP3, FLV, SWF, JPG, GIF, PNG, H264 file or a playlist. The imagerotator only plays playlists. The wmvplayer only plays WMV and WMA files and MMS streams.

  • image (undefined): If you play a sound or movie, set this to the url of a preview image. When using a playlist, you can set an image for every entry.

  • id (undefined): Use this to set the RTMP stream identifier (example) with the mediaplayer. The ID will also be sent to statistics callbacks. If you play a playlist, you can set an id for every entry.



The colors

  • backcolor (0xFFFFFF): Backgroundcolor of the controls, in HEX format.

  • frontcolor (0x000000): Texts & buttons color of the controls, in HEX format.

  • lightcolor (0x000000): Rollover color of the controls, in HEX format.

  • screencolor (0x000000): Color of the display area, in HEX format. With the rotator, change this to your HTML page's color make images of different sizes blend nicely.



The setup wizard contains a picker for the colors, so you can select the colors you like if you don't know the HEX values.

Display appearance

  • logo (undefined): Set this to an image that can be put as a watermark logo in the top right corner of the display. Transparent PNG files give the best results (example).

  • overstretch (false): Sets how to stretch images/movies to make them fit the display. The default stretches to fit the display. Set this to true to stretch them proportionally to fill the display, fit to stretch them disproportionally and none to keep original dimensions.

  • showicons (true): Set this to false to hide the activity icon and play button in the middle of the display.

  • transition (random): Only for the rotator. Sets the transition to use between images. The default, random, randomly pick a transition. To restrict to a certain transition, use these values: fade, bgfade, blocks, bubbles, circles, flash, fluids, lines or slowfade



Controlbar appearance

  • shownavigation (true): Set this to false to completely hide the controlbar.

  • showstop (false): Not for the rotator. Set this to true to show a stop button in the controlbar.

  • showdigits (true): Not for the rotator. Set this to false to hide the elapsed/remaining digits in the controlbar.

  • showdownload (false): Not for the rotator. Set this to true to show a button in the player controlbar which links to the link flashvar.

  • usefullscreen (true): Not for the rotator. Set this to false to hide the fullscreen button and disable fullscreen.

  • Playlist appearance (only for the mediaplayer)
    autoscroll (false): Set this to true to automatically scroll through the playlist on rollover, instead of using a scrollbar.

  • displayheight (height): Set this smaller as the height to show a playlist below the display (example). If you set it the same as the height, the controlbar will auto-hide on top of the video (example).

  • displaywidth (width): Set this smaller as the width to show a playlist to the right of the display (example).

  • thumbsinplaylist (true): Set this to false to hide preview images in the display (and restrict the buttons to a single line).


--------------(Contents of the 1st Half of :http://www.jeroenwijering.com/?item=Supported_Flashvars)

以下、翻訳。--------------

サポートされるFLASHVARS
記述|2008年2月16日|このページを印刷

iflashvarは、FLVメディア・プレーヤ、イメージ・ローテータ、WMVプレーヤそれぞれの動作・外見の調整をするためにあなたのHTMLコードの中に挿入できる変数です。
swfobject embed methodとともに、FlashvarにaddVariable() functionを加えることができ、
embed tag methodによってflashvarはflashvars attributeの中に、an・symbolによって固定されながら、留められます。

各flashvarの規定値はカッコ()の間に記述されています。その他指定のない場合は、flashvarはmediaplayer・imagerotator・wmvplayerに適用されます。


基本
  • height (320)/高さ(320): プレーヤ/ローテータ全体の高さを規定します。

  • width (260)/幅(260):プレーヤ/ローテータ全体の幅を規定します。

  • file (undefined)/ファイル(規定値なし):コピーするファイルの位置を指定します。メディア・プレーヤは、単体のMP3・FLV・SWF・JPG・GIF・PNG・H264ファイルや、プレイ・リストを再生することが出来ます。イメージ・ローテータはプレイ・リストのみ再生ができます。wmvplayerは、WMV・WMAファイルとMMSストリームの再生をします。

  • image (undefined)/イメージ(規定値なし): 音や動画を再生する場合は、プレビュー・イメージのURLをここに記述します。プレイ・リストを使っている場合、全ての登録項目についてイメージを1つずつ指定します。

  • id (undefined)/ID(規定値なし): RTMP stream identifier(★例)をmediaplayerでセットする場合、これを使います。当該IDは静的コール・バックにも送られます。プレー・リストを再生する場合、全ての登録項目にIDをセットすることが出来ます。




  • backcolor (0xFFFFFF)/背面色(0xFFFFFF): コントロールの背景色、16進法で記述。

  • frontcolor (0x000000)/前面色(0x000000):コントロールの文字とボタンの色、16進法で記述。

  • lightcolor (0x000000)/明るい色(0x000000): コントロールのロールオーバの色、16進法で記述。

  • screencolor (0x000000)/背景色(0x000000): ディスプレー範囲の色、16進法で記述。




ディスプレーの外見
  • logo (undefined)/ロゴ(規定値なし):これはディスプレーの右上隅にウォータマーク・ロゴとして表示可能なものを設定します。透明PNGファイルが最も良い結果が出ます。(

  • overstretch (false)/過伸張(偽):静止画/動画をディスプレーにどのように合わせるかを指定します。既定の伸張はディスプレーサイズに適合です。「true」(真)に設定すると、縦横比を保ったままディスプレー一杯にまで伸張したり、縦横比を保たずに伸張したり、元のサイズを保たないようにするようになります。

  • showicons (true)/アイコン表示 (真):ディスプレー中央の動作アイコンとプレーボタンを隠すときにはここを「false」(偽)にします。

  • transition (random)/遷移(ランダム):rotatorのみのための設定です。複数画像間の遷移を設定します。デフォルトはランダムで、ランダムに遷移を行います。特定の遷移に限定するには、次の値を使います:fade/フェード, bgfade/バックグラウンド・フェード, blocks/ブロック, bubbles/泡, circles/円, flash/閃光, fluids/流動, lines/線, slowfade/低速フェード。



コントロールバー外観
  • shownavigation (true)/ナビ表示(真): コントロールバーを完全に隠すときには、これを「false」(偽)にします。

  • showstop (false)/停止表示(偽):rotatorには使いません。コントロールバーの停止ボタンを表示する時には「true」(真)にします。

  • showdigits (true)/digit表示(真):rotatorには使いません。コントロールバーの経過時間/残り時間の表示を隠す時には「false」(偽)にします。

  • showdownload (false)/ダウンロード表示(偽): rotatorには使いません。プレーヤのコントロールバーのボタンを表示する時には「true」(真)にしますが、これはlink flashvarにリンクされています。

  • usefullscreen (true)/フル・スクリーン使用(真): rotatorには使いません。フル・スクリーン・ボタンを隠してフル・スクリーン不可にする時には、「false」(偽)にします。



プレー・リスト外観(メディア・プレーヤ専用)
  • autoscroll (false)/オート・スクロール(偽): スクロール・バーを使わずに、ロール・オーバによってプレー・リストが自動的にスクロールさせるようにする時には「true」(真)にします。

  • displayheight (height)/ディスプレーの高さ(高さ): ディスプレー下のプレー・リストを表示するためには、この値はheight(高さ値)よりも小さく設定します()。height(高さ値)と同じ値に設定すると、コントロール・バーは自動的にビデオ上で自動的に隠れるようになります。(

  • displaywidth (width): Set this smaller as the width to show a playlist to the right of the display (example).

  • displaywidth (width)/ディスプレーの幅(幅):ディスプレー右のプレー・リストを表示するため、width(幅値)よりも小さく設定をします。(

  • thumbsinplaylist (true)/サム: ディスプレーでのプレビュー画像を隠す(そして下部を1行だけに制限する)時には、これを「false」(偽)にします。



--------------以上、翻訳。
(翻訳者:kewpie, owner of http://qp.jpn.org

<後半は、第4回へ>
posted by kewpie at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12896010
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。