2015年06月25日

魔法の瓶?

 中国人の「爆買い」の話題がくりかえしニュースになっていますが、「小型魔法瓶爆買い、なぜ? 中国人観光客急増の函館 冷たい飲み物避ける習慣」という話題がありました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150613-00010001-doshin-hok

mahobin01.png

(続きはこちら

 「冷たい飲み物避ける習慣」という内容にも興味を持ちましたが、「魔法瓶」という言葉に目が留まりました。

 新幹線も開業当時は「夢の超特急」なんて言われていましたが、「魔法」の「瓶」という表現もかなり古風です。
 でも、それに代わる表現を思いつきません。「耐熱性液体容器」では、容器そのものが高温に強いという感じですし、冷たいものも熱いものも、周囲の温度の影響を受けにくくして温度を長時間にわたって保ってくれるというイメージに結びつきません。

 記事中にも「象印マホービン」「タイガー魔法瓶」という企業名が出てきますが、そこにも「魔法瓶(マホービン)」が残っています。



 「魔法瓶メーカーのサーモス(東京)」という書き方もしてあり、未だに「魔法瓶」は一般的な用語として生きているのでしょうか。

 ふと思いついたこのような古風な言葉は、下駄箱と筆箱(筆入れ)です。下駄や筆を入れている人は滅多にいないでしょうが。

 東京新聞です。
【経済】
象印「爆買い」で上方修正 炊飯器売り上げ3倍
2015年6月23日 朝刊
 象印マホービンは二十二日、二〇一五年十一月期連結決算の業績予想を上方修正し、売上高を八百四十五億円から八百六十億円に、純利益を四十七億円から五十八億円に引き上げた。訪日外国人による「爆買い」で、炊飯器や水筒の販売が増えたことが要因。
 五月までの半年間で、海外で使える炊飯器の売り上げは前年同期の三倍以上になった。高機能モデルが人気で、商品単価、販売数量ともに上向いた。中国や台湾を中心とする海外での販売も好調だった。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2015062302000125.html



posted by kewpie at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 言語・文字
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/144462226
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。