2015年07月01日

屋久杉の箸

 娘から屋久杉の箸をもらいました。

chopsticks.jpg
(名前の部分は隠してあります。)


 何年も使って来た今までの箸を使うのはすぐに止めました。塗装がはげて、ときどきその破片が体内に入っていく不安を感じていたからです。

 今回もらった屋久杉の箸は塗装をしていないようです。そりゃそうですよね。素材の木目が"ウリ"でしょうから。
 遙か以前に能登へ行ったときに「一生もの」というつもりで輪島塗の箸を買ってきたのですが、数日で紛失しました。どうして家の中で紛失したのか分かりません。
 今回の屋久杉箸は、一生ものになることを願っています。

http://www.yakusugiya.com/SHOP/140142.html
に「塗装」と書かれていますが、全ての箸に塗装がしてあるのか、それとも一部の箸についての記述なのか、よく分かりません。

★使った感想
 軽い。軽すぎて物足りない感じです。手応えがない…。使いにくいような気もします。ただ、考えてみれば割り箸なんかもこんな重さでしょうね。ものに当たったときの音が「軽い」です。
 とか何とか言っても、食べているときには忘れています。(笑) もちろん、全く問題ありません。
 表面が滑らかに削られていますが塗装がないので、塗りの箸とも、また一般的な割り箸とも異なります。

★屋久杉を使える?
 屋久杉を商品に使えるのかと思って、調べてみました。
http://www.ranma.co.jp/gyoumu/domaiboku.html
江戸時代に伐採された屋久杉の用途は、主に平木(屋根の材料)用であった為、割れ易い木を 選んで加工し易い部分のみを利用し、利用されなかった枝条や幹・根株は、林内に放置されました。
屋久杉は樹脂を非常に多く含んでいるため、200〜300年たった現在でも腐ることなく残っています。
これらの残材を「土埋木」と称して林内から搬出し、伝統的産業用資材として有効活用を図ることを 目的としております。
現在は、林野庁計画に従い、制限区域外の過去に伐採され、残った根株部分か、風倒木に限り、集材しています。

とのことです。

 文中に「屋久杉は樹脂を非常に多く含んでいる」とあります。したがって特別な塗装をしなくても、長く使えるようです。

 ちなみに、今回もらったのはこれ。ちょっと高めです。
http://www.ranma.co.jp/seihin/koukyuhashi/140130.html
 実際には名入れの費用が加わっています。
http://www.ranma.co.jp/seihin/wahashi/1401401.html

 価格もいろいろあるようです。
 これは安いので、手軽に購入できます。
http://www.yakusugiya.com/SHOP/140142.html

 そしてこちらなら、今回もらったのと同じものが「名入れ無料」です。
http://www.yakusugiya.com/SHOP/140130.html

タグ: 屋久杉
posted by kewpie at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ガジェット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/146679474
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。