2015年12月11日

「郵便はがき」の文字の「どうして?」

 ハガキと言えば、紙一枚の形状の郵便物です。袋状になって複数枚の紙が入っている郵便物は封書と呼ばれます。
 何年くらい前からか、全く覚えていませんが、ハガキのくせに2枚または3枚からなっているものを見たときには、これは「ずるい」と思いました。しかし、そういう「ハガキ」を多数見かけるのは郵政省(今は日本郵便?)も認めているからでしょう。

postcard_why.jpg


 ただ、ちょっと不思議に思ってきたことがあります。献血の結果を知らせるハガキを毎月のように受け取るのですが、「郵便はがき」の文字が表に印刷してなくて、丸穴に合わせて2枚目に印刷された(郵)(便)(は)(が)(き)の文字が見える構造になっています。

 たまたま今日受け取った、DMのハガキはPOST CARDの文字が2枚目に印字され、1枚目のサイズの小さい部分から覗いて見える構造です。

 調べてみたら、この疑問、そして全面(実は「全面」ではない)貼り付けタイプの私製はがきについて詳細な説明をしているサイトがありました。

メールシーラー推進プロジェクト

 そもそも今回話題にしているタイプの私製はがきは「圧着はがき」と呼ばれるようです。

 一番分かりにくく、かつ、分かってみると興味深かったのは
http://www.mailsealer.com/presscard/fold.html
の「外三つ折り(Z折り)」に書かれている
但し、はがき本体Aのみで最低2g以上になる重さの用紙を使用するとはがき全体で最低でも6gになり、6gに対して±0gになる用紙を選別することは現実的に不可能である。

の部分です。(正直なところ、もう少し分かりやすい表現ができないかと思いますが。)

 よく前後を読めば分かるのですが、これは郵便法の「はがき」の重さの規定を知れば分かります。
重さ 2g〜 6g

http://www.mailsealer.com/presscard/use.html

 はがき本体が2g以上で、表貼り付け面と裏貼り付け面がそれぞれ2g以下ならば、この重さの規定に納めることは簡単です。しかし、実際には、3枚の紙は別々の物を貼り付けるのではなく、1枚の紙を折って貼り付けた形にするので、単純に3つ折りにした場合は3枚の重さは同じになります。
 1枚当たりが2gならば3枚分で6g。最低2g、最高6gの規定に対して全くの余裕がありません。そういう用紙を探すのは測定誤差なども考えると困難というわけです。
 
 そこで、対策として表の貼り付け面に穴を開けるかカットすることで、2g〜6gの範囲に(僅かですが)余裕を持って納められるというわけです。

 その他にも、3枚分を広げたときに宛名を含めた面だけに印刷するか、反対面まで印刷をするのかでコストが変わること、全面的に貼り付けないと「封書」扱いになることなども知りました。

 今度この手のはがき・封書を受け取ったら、どんな印刷などをしているのかを観察してみたいと思います。

-----
追記
 重さを計ってみました。

postcard_why02.jpg


postcard_why03.jpg






posted by kewpie at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/169714936
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。