2016年03月10日

エレベーターではありませんが…

 私が何度も話題にしているのがエレベーターの開閉ボタンです。

buttons_02.jpg


 でも、これはエレベーターのボタンではありません。

 こちらのエレベーターのボタンの図柄に似ています。

elevator_person_04.jpg


 実は電車の扉脇のボタンです。

buttons_01.jpg


 地方のローカル線(多分、寒冷地に限る)に付いています。寒いときに乗降客がいなくても扉が開き続けると寒気が車内に入ってきて一気に冷えてしまうので、乗り降りする人がいる時に、必要な扉だけ乗降客場自ら開閉するための手動のボタンです。

 もちろん、走行中にはこのボタンは無効です。停車時に使えるようになると赤・緑の色で美しくボタンの周囲が輝きます。

buttons_03.jpg


 エレベーターでは図形や色がしばしば問題になりますが、電車のこの手動開閉ボタンでは図形も気にならないだけでなく、色も適切だという印象です。
 なぜでしょう。
 エレベーターでは閉まりかけた扉を見て、とっさに開く必要がある一方、こちらは2つのボタンを使い分ける時間と気持ちの余裕があるからでしょうか。

------
エレベーターの開閉ボタン(1)
エレベーターの開閉ボタン(2)
エレベーターの開閉ボタン(3)
エレベーターではありませんが…(今回の記事)



posted by kewpie at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174411138
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。