2016年08月02日

手すりなのか、フックなのか

 東北新幹線・やまびこの座席背もたれの上の手すり(?)に目が留まりました。

手すり01.jpg


 私が時々利用する高速バスの手すりと同じよう形(しゃちほこ型)をしていたからです。

手すり02.jpg


 果たしてこれは「手すり」なのでしょうか。手すりとしてはサイズが小さく、棒状ならばもっと握りやすいのにと思います。
 ただ、新幹線も高速バスも「ずっと立っている人」のことはあまり考慮していないのかも知れません。
 冒頭の写真に写っているようにフックとして荷物をぶら下げているのを見て、「こういう使い方もあるのか」と思いました。両端を固定した棒状では、そのような使い方は出来ません。
 ただ、フックならば、3列席の中央の席にも付けなければ不公平です。

 そういえば、窓際のこの「手すり」は誰が何のために使うのか・・・。
 分からないことだらけです。

https://www.jr-odekake.net/shinkansen/comfort/nozomi/
にこんな写真と説明がありました。

手すり03.jpg


 「手すり」として取り付けてあることだけは、間違いないようです。

posted by kewpie at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176353051
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。