2016年08月30日

Webで使われているフォント名が簡単に分かる

 游ゴシックがWEBでは読みやすくないと、昨日書きましたが、たまたま開いたwebページで、「これも游ゴシックかな」と思うことがありました。当該ページのソースを見てフォントが分かることは滅多にありません。通常はCSSに書かれていることが多いと思われるからです。
 しかし、(いつも可能かどうかは分かりませんが)指定されているフォントを簡易的に調べる方法を見つけました。
 まず、調べたいページの調べたい箇所でドラッグしてコピーをします。

fonts-web01.png


 Wordの空白ページにそのままペーストします。フォント名を知りたい位置にプロンプトを持っていきます。

fonts-web02.png


 上のスクリーンショットではマウスカーソルのみが見えますが、マウスカーソルをその位置に持っていっただけでは駄目です。その位置でクリックして文字編集をする感じでプロンプトを表示します。
 そうすると、この位置の文字が游ゴシックであり、下線の修飾を指定されていることが分かります。

 同じ游ゴシックですが、ボールドの指定をしてサイズも少し大きくしてある部分。

fonts-web03.png


 別のサイトです。MS明朝です。ページの作成者が明示的に指定したのか、ブラウザのデフォルト任せなのかは分かりません。

fonts-web04.png


fonts-web07.png


fonts-web06.png



posted by kewpie at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176662474
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。