2016年09月17日

放送は明日 永六輔 誰かとどこかで〜千秋楽

 詳しい情報を探してみましたが、あまりありません。
 新聞記事を見つけました。
http://photozou.jp/photo/show/1365452/240645828

 読みにくいので加工。

誰かとどこかで(新聞記事).png
(クリックすると拡大表示)


 数日前にこの新聞は古紙として出してしまいました。
 最近、紙の新聞を読まないのでまったくこの記事に気づきませんでした。

2016年9月7日水曜日
朝日新聞 ラジオアングル

 7月7日に亡くなった永六輔をし
のんで、9月18日夜7時からTBS
ラジオで「永六輔の誰かとどこかで
〜千秋楽〜」が放送される。
 旅先で見聞きしたこと、出会った
人などについて語る「誰かとどこか
で」は1967年に始まり、特番を
含めると今年1月まで続いた。千秋
楽となる今回は26年前と23年前、永
が57歳と60歳のときの録音を流す。
張りのある声で一つの話題をぐいぐ
い広げていく面白さ、人並みはずれ
た好奇心の強さが感じられる。
 新人アナウンサー時代に相手役に
抜擢された遠藤泰子は、既に売れっ
子だった永の話のうまさに驚いたと
いう。「だれかに会ったことを、そ
の人間をよみがえらせるように話す
んです。言葉の巧みさだけではな
く、その前に観察して発見してい
る」。以来、半世紀近くスタジオで
聞き手をつとめてきた。
 「永さんには独特の切り口があり
ました。粋な切り口もあったし、温
かいときも厳しいときもありまし
た。 今起きている問題に対して、永
さんならどう感じてどう話すのか、
聞けなくなったのが寂しいですね」
 番組では遠藤のはか、大竹まこ
と、水道橋博士、大沢悠里ら、それ
ぞれ違った関係にあった人たちの話
も紹介し、永の姿を振り返る。まず
は26年前の声を聞いてみたい。
     (ライター・仲宇佐ゆり)


 手間をかける必要はなかった。

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12546993.html
に全文と写真が掲載されています。

-----
追記
 写真を改めて探してみました。

R0019881.jpg

http://nikon2.blog65.fc2.com/blog-entry-222.html

R0019884.jpg

http://nikon2.blog65.fc2.com/blog-entry-222.html

img_0004.jpg

http://himahima1.cocolog-nifty.com/in/2013/11/post-1ce5.html

img_0005_3.jpg

http://himahima1.cocolog-nifty.com/in/2013/11/post-1ce5.html

8dcd48351db88f5fec4b784fc482aac9.jpg

http://blog.goo.ne.jp/gookodacya/e/f5f2b93bec9d16b750017a17eba73812

b5704fcf71758bb228e996ea0bbf5ba0.jpg

http://blog.goo.ne.jp/lupin_13/e/df73cf3dfaa3a6256a6ad63c2964bfef

posted by kewpie at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176908375
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。