2017年06月06日

iPod用のケーブルを〜良かったような、悪かったような…

 私が中古で買ったアクアは、購入前のネット上の表示では本当はiPod対応のはずだったのですが、実際にはUSB/VTRアダプターが付いていませんでした。私がそれに気づいて指摘するのも遅かったのですが、販売業者は「すみません。表示が間違えていました」と謝るばかり。
 仕方ないので、USB/VTRアダプターをヤフオクで購入、自分で取り付けました。

アクア_iPod00.jpg
(実は人様の写真をお借りしました。私のもこれと同じく、旧タイプ。新タイプとちょっとだけ形状が違います。私とは取り付けの上下の向きが違います。私はツメが上に来て、蓋を下に向けて開くようにしました。)

 ただ、専用とも言えるケーブルがありません。
30ピン←→USB端子・4極ミニプラグ
 という特殊な物です。Amazonでも探しましたが、見つかりませんでした。妥協をして、
30ピン←→USB端子・3極ミニプラグ
 というものを購入しました。ミニプラグに映像信号が送られないということです。

アクア_iPod01.jpg


 さあ、再生をしてみます。古いiPodですが、現役で使っているものです。

アクア_iPod03.jpg


 良いですね。

アクア_iPod02.jpg


 ナビのディスプレー上でのタッチ操作もできますし、もちろんハンドルのリモコンでも操作できます。
 アートワークも表示されてうれしく思います。

 ここまでは、(出費と手間を除けば)良かったことです。

 ふと疑問に思ったのですが、ミニプラグは本当に役に立っているのか? そこでミニプラグを抜いてみると…前と代わらず音も表示も出ました。つまり、USB経由で音声の出力やコントロールが行われているのです。
 ダイソーで買った30pin←→USBのケーブルで繋いでも、問題なく音声出力やディスプレー表示ができました。
 わざわざ30ピン←→USB端子・3極ミニプラグを購入する必要はなかったのです。
 がっかりしました。3極ミニプラグは何のためについているのでしょう。1本のケーブルで、USBでの音声出力(そして充電)も、ミニプラグも、入力させる機器によってどちらでも選択できるということなのでしょうか。
 購入したのは比較的安いケーブルだったから出費はそれほど多くなくて済みました。

 それほど見ることはないであろうiPodやiPhoneの映像を見るために、数千円の投資をして純正ケーブルを購入するのか、止めるのか…。もちろん、RCA端子のあるビデオ機器の映像を映し出すにも、RCA←→4極ミニプラグのケーブルが必要になりますが、そんなことは滅多にないでしょう。
 さてどうしましょう。

posted by kewpie at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179969864
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。