2017年06月19日

アクアの新型〜燃費スペシャルのグレードが活躍?

 アクアの新型(マイナー・3台目)が発表されました。

011_o.jpg


carlineup_aqua_safety_pic_05_01.jpg


 マイナーチェンジということもあり、外観・内装とも大きな変更はありませんが、"僅か"でもアクアと言えば注目されるのは「燃費」です。
 
アクアのJC08モード燃費(確認は不十分)
前期 2011年 35.4 km/L
   (2013年 33.8〜37.0 km/L)
後期 2014年 33.8〜37.0 km/L
   (2015年 37.0 km/L)
最新 2017年 34.4〜38.0 km/L

 前よりも良くなりました、という当然の流れですが、これに関して一般のユーザーでも分かっていたことではありますが、しっかりとまとめているサイトがありました。

新型トヨタアクアの主な変更点は燃費性能の向上、走行安定性と乗り心地の改善、外観のデザインや装備の見直し、SUVモデルのX-URBAN(Xアーバン)をクロスオーバーに変更した事などだ。このアクアは発売から4年半を経ているため、さまざまな機能に改良を加えた。

まず、コンパクトカージャンルのハイブリッドモデルであるアクアにとって非常に重要なJC08モード燃費は、価格の最も安いグレードの「L」が、従来の37km/Lから改良後は38km/Lに向上した。「S」と「G」は従来の37km/Lから34.4km/Lに悪化している。背景にあるのは歩行者保護の法規対応などにより、車両重量が1,080kgから1,090kgに増えたことだ。 わずか10kgの重量増加で燃費数値が9.3%も下がるのは不可解だが、今の燃費計測ではそうなってしまう。

シャシーダイナモメーターを使って計測する時、車両重量による慣性を再現するためにフライホイールを用いるが、その重さ(等価慣性重量)が1,080kgを境目に変わるからだ。車両重量が966〜1080kgの車両は、等価慣性重量が1,020kgに収まる。1,081〜1,190kgの車両は、等価慣性重量が1130kgまで増えてしまう。 要は燃費計測に使う補正用の”重り”が変わることで、1,090kgのグレードは燃費数値が極端に悪化するわけだ。これだけを見ても、公表される燃費数値がいかにアテにならないかが分かる。

ちなみにマイナーチェンジ前も、「S」と「G」にサイド&カーテンエアバッグなどをオプション装着すると、車両重量が10kg増えて1,090kgになった。この時のJC08モード燃費は33.8km/Lだったから、改良によって0.6km/L向上して、34.4km/Lになっている。 同じ車両重量同士で比べて燃費数値が向上した背景には、ハイブリッドシステムの制御を見直したことなどが挙げられる。

新型アクア「L」がJC08モード燃費を38km/Lに向上させたことで、燃費競争の順列が少し変わった。ノートe-POWERに用意されるエアコンまでオプション設定にした軽量ボディのe-POWER Sは、JC08モード燃費が37.2km/Lだ(ほかのグレードは等価慣性重量も異なり34.0km/L)。

以前はトヨタアクアの燃費数値が下まわったが、今回のマイナーチェンジで逆転した。ただし新型アクア「L」もノートe-POWER Sと同様の燃費スペシャルグレードで、後席のパワーウィンドウや遮音材などを省いている。選ぶメリットの乏しいグレード同士が、不毛な燃費競争を展開している構図だ。

今は新燃費基準のWLTP導入を視野に入れ、新型ダイハツミライースやマツダCX-5のように、JC08モード計測に特化したエンジンの設定を控える車種も見られる。

燃費スペシャルのグレードは、一部の法人ユーザー、レンタカーなどで需要があるものの、多くのユーザーには存在価値のない仕様だ。販売比率も低い。 またコンパクトなハイブリッド車が安全、実用装備を省いてまで軽量化しながら、ボディの大きなトヨタプリウスE(これも燃費スペシャルだが)の40.8km/Lに負けるというのも情けない話だろう。

http://autoc-one.jp/toyota/aqua/newmodel-3371480/ より(ただし、赤字は当ブログ管理者)

 私はLグレードはどちらかというと、表面上の最低価格を安く設定するためのものかと思っていましたが、メーカー側としては、宣伝上、競争上の燃費の良さを作り出すための役割が結構大きいようです。

 S以上で、様々な装備をオプションにするのも、価格と同時に「燃費改善」のためだと改めて感じます。

 YouTube上にアップロードされたCMです。









タグ:燃費 アクア
posted by kewpie at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180112796
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。