2017年10月11日

ナビ不調の原因判明

 ナビが音声案内をしなくなって、バッテリーを外してリセットという対処を先日しましたが、今回のナビ不調の原因が分かりました。犯人は私です。(笑)

パルスoff.jpg

 実はナビを走行中にフル操作ができるように、車速パルスを一時的にカットするためのスイッチを車速パルスのケーブルの途中に割り込ませていたのです。いつからか、このスイッチを「カット」の状態にし続けていたということです。
 先日の6カ月点検(法的な義務無し)の際に、ナビの不調を訴えると「車外クルコンを付けたので、車速を検知していないから」と説明をされましたが、私は「車外クルコンを付けた」のが原因のはずはないと受け取りました。実際それが原因ではありません。
 むしろ「車速を検知していないから」が重要でした。
 私もこの車速パルスカットスイッチの存在をすっかり忘れていたので、説明を受けたときにも思い出しませんでした。スイッチ一つを押すだけで済むことに、手間をかけてしまいました。(>_<)

 スイッチの形状も押しボタン形状で、しかも凹みの幅がとても狭いので一見して分かりませんし、ふだん見る位置でもありません。ON時に12Vの電流が流れ続けるというものではないので、モニター用のランプを付けることはできません。もしかするとそういうスイッチが販売されているかも知れません。あるいはリレーと組み合わせて自作もできそうです。
 また「パルス切りっぱなし」を犯すかも知れませんが、もし今度「音声案内をしない」ときにはこのスイッチのことを思い出すでしょうから、現状のままでもいいでしょう。

 不思議なのは、スイッチの状態は「カット」のままだったのに、バッテリーの電流供給を止めてリセットすることで音声案内をするようになったことです。

posted by kewpie at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181260333
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。