2018年03月08日

とうとう「atルイード」を借りられました

 とうとう「atルイード」を借りられました。

ルイードCD01.jpg



 借りなくても、インターネット上で聞くことはできるのですが、やはり実物を手に取れるのは感慨があります。
 図書館の蔵書で頻繁に貸し出されているので、傷だらけですが、ディスクそのものは、エラー訂正ができる程度にはなっていました。

ルイードCD02.jpg


 ライナーノートは紛失と汚損を防ぐために、例によってケース裏面にがっちりと固定されています。

 特別な写真は1枚も含まれていません。
 このCDを手にしなければ得られないのは、文字通りのライナーノートの最初のページです。

455a34a31a713949744ebb4fc90f63d6_774a90a9cf27aec82d95f18752bc8934.jpg


 正直なところ(ここだけの話ですが)、この文章はところどころ、日本語の文章として、特に句読点の使い方でちょっと変なところがあって、分かりにくい箇所があります。
 それでも、貴重な「atルイード」の情報です。

テレサ・テン3回忌メモリアル"秘蔵Live"
 これは、テレサ・テンが大切に所有していたテープだ。再生してみると1976年7月の新宿ルイードでのLIVEが収録されていた。ヤクルトホ―ル(初めてのワンマンショー)より1年以上前にあたる。
 私は、当時ステージに上がった豊岡 豊氏とギタリスト兼編曲家の岡本和雄氏に会って話を聞くことが出来た。
 「おはようございます」ジージャンにジーパン、洗いっぱなしの髪、素顔のままのテレサ・テンは衣装、化粧品等の他に、ギターとフルートのケースを持って付き人とともにやって来た。
 音合わせが始まりやがて、ジャンパラーヤが始まった。テレサがフルートを吹き始めると一同びっくりした。プーピープゥーピー、ピューなのである。
 が、豊岡 豊氏始めメンバーはやさしく見守っていた。テレサの冒険は歓迎されたようだ。
 夕方近くの開演。小雨のせいか、客足が遅い。ステージの上には豊岡豊とスウィングフェイス(Drums,Bass,Guitar,Piano,4トランペット,4トロンボーン,5サックス,Guitar岡本氏)既にぎゅうぎゅう詰め。
 テレサ・テンが登場へ黒いチャイナ・ドレスの深いスリットからのぞく綺麗な脚、少しだけウェヴのかかったセミ・ロングの髪、彼女は輝いていた。
 「後ろから見ていてもグッとしたね」豊岡 豊氏は当時を思い出しながら笑った。
 まばらな客席には母国からの応援団の姿も見える。心強い。この日の為にテレサは『五木の子守唄』『夕焼け小焼け』『My Way』『明日に架ける橋』を新しく選曲していた。
 1973年来日時には―言も喋れなかった日本語もデビューから2年で、かなり上達していた。勿論軽妙なジョークのかげには、いつもノートとペンを持ち歩き、日本語を勉強していた彼女の努力があった。

 ルイードの話と同時に香港のリー・シアター(3000人収容のホールで3日間のステージ)でのワンマンショーの話が進行していた。
 台湾をはじめ、アジアのあちこちで、大スターだった彼女、だが日本では第一歩から始まる新人歌手。心のどこかにいつでも、そのギャップに対するジレンマがあった。
 『グットバイ・マイ・ラブ』はそのコンサート用の譜面だった。テレサが、歌のタイミングを間違えているのははやる気持ちからか、ご愛嬌。
 若き日の歌姫は、負けず嫌いでキュートな天才と呼べよう。
   トーラスレコード制作担当:鈴木章代


 通して聞いてみると、音はやっぱり悪いです。インターネット上の音が悪く聞こえたのは、元が悪いからだと理解できました。
 もちろん公式の録音ではなく、音質が悪いのは仕方ありません。
 その音の悪さ以上に、何度聞いても内容はとても心惹かれるものがあります。

posted by kewpie at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレサ・テン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182628782
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。