2018年07月01日

アクア小技〜108円ラゲッジルームランプ追加

 アクアではラゲッジルームランプも左側のみにあるので、右の荷物が見えなくて不便なときがあります。
 そこで、再びダイソーのLEDセンサーライトを使うことにしました。

センサーライト01.jpg

 ダイソーのLEDセンサーライトは、暗い前期アクアの後部座席(の足元)を照らすのに重宝して使っていますが、このときはセンサーと本体ライトが別れていてケーブルで繋がっている点が便利でした。
 今回はケーブルのないタイプがほしかったのですが、店頭にありませんでした。ダイソー4店舗を回りましたがケーブル付きのもの1種類になっていました。
 仕方ないので、加工をしてケーブルを撤去しました。

センサーライト02.jpg


 センサーはこの位置が収まりも良く外部マグネットとの相対位置も良く、基板に直接載せることになるのでさらに加工も一番楽です。

センサーライト03.jpg
(ハンダ付け相変わらず下手です。)


 ここでちょっとテスト。
 商品としては白い直方体に入ったセンサーとマグネットを向かい合わせにするような説明が書かれていますが、試してみるとそれよりも、直交するように(互いに90度になるように)配置すると距離を離しても反応が良い(消灯する)ようでした。

センサーライト04.jpg


センサーライト05.jpg


 動作確認を終え、センサーライト本体をラゲッジトレー(トノカバー)の後縁・内側に貼り付けます。

センサーライト06.jpg


 マグネットをリアドア内側の、センサーライトの位置に貼り付けます。

センサーライト07.gif
(トレー上面からの撮影で、マグネットが少しだけ見えますが、トレー下面にあるライトは本当は全く見えません。)


 こんな感じです。

センサーライト08.jpg


 小さなライトですが、リアトレーに取り付けてあるので照明としての効果は良い位置だと思います。
 上の写真は下から見上げるように撮影したのでライト本体が見えていますが、通常の姿勢だとライト自体は見えず、スマートな感じでラゲージルームを照らしてくれる…かな。(笑)

 マグネット(の入った長方形のケース)は厚みが1cm近くあり、リアドアを閉じたときにリアトレーに接触(か、それ以上)なのですが、リアトレーが柔らかめの素材であることと、素直方向に押すことになるので、パーツや周囲を傷つけることはないと思います。
 できれば、リアドア内側の黒いカバーの中に収めてみようかと思います。
 ライト・マグネットとも両面テープで固定してあるだけなので長期の振動で取れてしまうかも知れません。様子を見ていこうと思います。


posted by kewpie at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183691192
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。