2018年06月29日

どっちが悪い?

 私の通勤路で、毎日見る光景です。

とまれ01.jpg


 車を運転しての通勤ですが、無意識のうちに前方のT字路では一時停止をしますが、初めてここにきたドライバーはどうするでしょう。路面に「止まれ」とややかすれたペイントがありますし、無くてもT字路ですからそのまま進む勇気はないでしょう。
 さて、左側に「止まれ」と書かれた標識には気づくでしょうか。

とまれ02.jpg


 この標識の働きは何なのでしょう。事故防止のため、注意(あるいは警告)を促す重要な働きを持っているのならば今やその働きを果たしていません。不要ならばどうしてこんなものを税金を使って設置したのでしょう。
 もしここで「一時不停止違反」と警官から言われたら、私と設置者(公安委員会?)とのどちらが悪いのでしょう。「この標識では見えない」と言うことは不停止の理由として認められるのでしょうか。
 交通違反の取り締まりも必要なのかも知れませんが、こういった標識をチェックして必要に応じて更新することも必要だと思います。ある意味で、こういうのを放置しておくことは職務怠慢、「違反」ではないかと思います。

posted by kewpie at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183711306
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。