2018年07月24日

ドライブレコーダーAUTO-VOX X1を買ってみました(2)〜欠点が分かる

 ドライブレコーダーAUTO-VOX X1を取り付けて、夜間に使い勝手を確認しましたが、今日昼に走行してみてこの製品に大きな欠点のあることが分かりました。

x1-11.jpg

 このように、ディスプレーに写されたリアのカメラの映像と、鏡としてのディスプレーに見える虚像とが同時に見えてしまうのです。(信号待ちのときに撮影)

 ただ、私の目の焦点を合わす距離が違います。
 カメラの映像の距離は数十センチ、鏡の虚像は数メートル〜数十メートルです。
 鏡の虚像にピントを合わせるとこんな感じです。

x1-12.jpg


 遠方にピントが合っているので、ディスプレーの縁にはピントが合っていません。

 もう薄暗くなったときの撮影なので、後方の虚像が暗くてディスプレーの映像が見えやすかったのですが、日中だと、訳の分からない状態になります。

 こちらは駐車場での撮影です。上の写真の直前の撮影で、やはり薄暗い環境です。

x1-13.jpg


 さて、どうしましょう。

-----
追記(2018/07/25)
 日中の走行をしながら、対応を考えてみました。
1)液晶の像と鏡の虚像とがダブるのは、車外が明るい場合です。通常のルームミラーと異なり、ディスプレーはどの方向を向いていてもいいので、後方が鏡に映らない角度、具体的には後部座席背面あたりが写るようにすると、鏡の虚像が目に入りにくくなります。
2)私のアクアのシートは白っぽいので、リアシート背もたれを黒っぽいバスタオルで覆う。(そんな大きな、しかも黒いバスタオルってないでしょうね。)
3)鏡の虚像がどうしても気になるときには、液晶表示を消す。ただし、角度調整が必要になり、前方を写すカメラの調整も必要になります。これは面倒だし、忘れると事故時の大切な映像を残せないこともあり得ます。


posted by kewpie at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183994442
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。