2018年10月06日

さらに、ルイード関連

 ルイードでの「夕焼け小焼け」にそれに伴う逆についての質問を受けました。
 実のところ、私は鮮明な記憶がありません。今回何度も聞くことになったので、前から知っていたような気持ちになっています。自分でも分からなくなってきました。
 ただ、少なくともCD化された松鶴家千とせの「わかんねェだろうナ<夕やけこやけ>」自体は初めて聞きます。ニコニコ動画で全曲が聴けます。




 ニコニコに登録をしないと聞けません。YouTubeあたりに転載をして良いのですが、現にCDとして売っているものですので、それはやめます。

夕焼け小焼けで 日が暮れて
山の お寺の鐘がなる

オレがむかし 夕焼けだったころ
弟は小やけだった

父さんが胸やけで
母さんが霜やけだった
わかんねエだろうナ

信じられないだろうが
人間やる前
夕焼けやってた ワカルカナ?

オレがむかし
夕焼けだったころ

オレを見た子供が
「お父ちゃん! お空みて
お空が真赤に燃えてるよ」

そしたらオヤジが
「大丈夫だよ
いくら燃えたって

火災保険に入ってンだから」
わかんねエだろうナ

からすと一緒に
帰りましょう


子供が帰った あとからは
まるい大きな お月さま

オレがむかし 満月だったころ
弟は三日月だった

母さんが臨月で
父さんが金欠だった
わかんねエだろうナ

信じられないだろうが
人間やる前
満月やってた ワカルカナ?

オレがむかし
満月だったころ

オレを見た母さんが
「ねえ坊や 大人になったら
あのお月さまのように

世間にいっぱい
灯りをつけるのよ」

そしたらセガレが
「ウン、大丈夫だよ

ボク懐中電燈 もってるから」
わかんねエだろうナ

空には キラキラ
金の星


 こうやって文字で見る(読む)と、面白さは半減(以下)です。やっぱりそれを演じるのが芸人なのでしょう。



 最近は、その「芸」を持っていない「芸人もどき」が多すぎるような気がします。


posted by kewpie at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184613398
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。