2018年11月01日

SONYのCD-R

 CD-Rを100枚焼いてほしいと言われて、渡されたのがSONYの名前の入ったCD-Rでした。

sony_cdr-01.jpg

 ごく普通のCD-Rですが、レーベル面の印刷をしようとしてあることに気付きました。
 エッジに書かれたはずの商品名等がなかなか見つからないのです。光の当て方を変えるとようやく見えるというレベルです。どうやら印刷をしてあるのではなく、文字の形に、レーベル印刷用に白塗料が抜けているようです。
 従って、ほとんど見えませんが、見える場合にはちょっと立体的にさえ見えます。

sony_cdr-02.jpg


 レーベルのデザインにこだわる場合にはこの部分が邪魔ですが、人に渡すときには製品の価値の証です。何も書かれていないCD-R(やDVD-Rなど)は、三流品と取られかねません。
 デザインの邪魔にはならないが身許をはっきりさせる工夫に感心させられました。次回は、SONYのCD-RやDVD-Rを買ってみましょうか。


posted by kewpie at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ガジェット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184871296
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。