2019年04月18日

スパムも巧みに

 スパムメールもだんだんと巧みになってきています。
 今回のamazonを装うスパムメール。

amazonsmapm01.png

 最後のシグニチャが「どうぞよろしくお願いいたします。」の下に「Аmazon 」だけであまりに貧弱ですがそれ以外は割合と体裁が整っています。(このブログを書きながら、「Аmazon 」の「А」だけがいわゆる全角、「mazon」が半角という、情けない仕事ぶりに気付きました。)

 この手のスパムが来るとリンク先を確かめるのですが、今回のスパムはこれが巧みです。

amazonsmapm02.png


 一見、https://www2.amazon.co.jp に見えますが、そうではありません。
https://www2.amazon.co.jp.c26be8aaf53b15054896983b43eb6a65.ml/?amazon_account_update?token=ilouyb0tc1yhl5shfphpokxnkf8ron0e
です。c26be8aaf53b15054896983b43eb6a65.mlというドメインなのです。
 注意しないと見間違えます。

 ソースを見ると、amazonのアドレスを名乗っていますが、googleの何チャラを大分経由しています。amazonはそんなことをしません。

 本文を読み直すと、「〜故」とか、やはりぎこちない日本語です。外国人か、ちゃんとした文章を書けない日本人だと分かります。「カード」って何のカードだ?って言いたくなりますよね。ちゃんと「クレジットカード」と書いていないのが、口語と文語が混在しています。

 試しに、c26be8aaf53b15054896983b43eb6a65.mlを開いてみようとしたら、chromeが警告してくれました。

amazonsmapm03.png


 でも騙されちゃう人がいるのでしょうね。



posted by kewpie at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185891521
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。