2019年05月30日

19歳でデビュー?〜雑誌等の記事(22)

 ヤフオクに
【激レア!!昭和49年!!発掘お宝グラビア記事!!◆テレサテン、優雅(デビュー直後!!)◆切り抜き、2頁※一部切り抜き有り】
という出展がありました。

kazeninotte_magazine_s49.jpg

春。風にのって、海のむこうから
やってきたふたり………

やわらかなほほえみ
香港から。テレサ・テン。19才


■テレサ・テンに関するデータ
本名・ケ麗君(テン・リー・チュン)。1955年1月29
日、台湾・台北市生まれ、19才。台北県金陵女中学
卒。父はレジャー産業の経営者で、映画の製作や配
給も手がける実業家。15才の時、台湾テレビの、プ
ロデューサーに見い出され『晶々』という曲でデビ
ュー。以来、香港を主な仕事場として大活躍。20枚
以上のLPを吹き込み、香港では超一流の大スター
で、日本のレコード大賞にも匹敵する『遠東十大歌
星』の1人に選ばれた。車を乗り回すのが趣味でシ
ボレー2300ccが愛車。お母さんの趙素桂とともに
2月15日来日。現在、2人でホテルずまい。

■取材記者の印象ノート
ムムッ、さすが大物! かわいらしく、いつもニコ
ニコしてるけど、貫禄はもう十分。乗馬の撮影の時
もコンディションはあまり良くなかったが、あのや
わらかなほほえみを、決して忘れなかった。プロ根
性も、大したものですョ。日本語はまるでダメ、取
材もすべて英語! 記者はトホーに暮れたけど、な
るべく簡単な英語で、ジックリ答えてくれる。
「地下鉄は初めて見たの。フシギな乗物ね。好きな
ものはお茶づけと、日本のユーレイ映画」なんて
おもしろいのだ 特に、塩じゃけがあれば、ごはん
3杯はへっちゃら。結婚したら、すってきな奥さん
になるゾ。『今夜かしら明日かしら』でデビュー!

■レターのあて先=東京都港区六本木7-20-2 ビラ
ロッポンギ  サンズ内 〒106


 誕生日(と年齢)、卒業校、父の職業など、すべてプロダクションの発表を受けての内容で、事実と異なります。

 右のページは「優雅(ゆうや)」という同時期にデビューした、やはり台湾出身の歌手が紹介されています。


別館:On Teresa Teng


posted by kewpie at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | テレサ・テン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186069082
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。