2019年05月25日

タラヨウ…変じゃない?

 郵便局の前を通りかかって、小さな掲示物の「郵便局の木」の文字が目に留まりました。

tarayo01.jpg

 急いでいたので、じっくりとは読めなかったのですが、郵便局のシンボルツリーとのこと。写真を2枚だけ撮影してその場を離れました。

 こんな感じの木です。

tarayo03.jpg


 掲示の部分は撮影しなかったのですが、Photoshopで修正して読めるようにしてみました。

tarayo02.jpg


 このままでは文字検索にひっかかかりにくいので、「郵便局の木」「タラヨウ」で検索した人の役に立ちやすいように、以下、文字化してみました。
郵便局の木「タラヨウ」
 タラヨウは郵便局のシンボルツリーです。葉の裏に先の尖ったもので字を書くとその跡
が黒く残るので、古代インドで手紙や文章を
書くのに用いた多羅樹の葉になぞられてその
名が付けられました。一説に「葉書の木」とも
言われています。(平成11年3月植樹)

 正に「葉書」! 面白い…と感想を添えて、普通ならばこれで終わりなのですが、この掲示文、何か変です。

「葉になぞられて」って変ではないでしょうか。「葉をなぞって」なら少し分かりますが、それでもやはり変です。

 そこで調べてみました。

 Monument 郵便局の木「タラヨウ」というページにそっくりな文面が見つかりました。

tarayo04.jpg


 看板の部分です。(赤線は、当ブログ管理者)
tarayo05.jpg


 「なぞられて」以外は全く同じなので、郵政省(日本郵政?)の誰かが作った文章をそのままあちこちの郵便局で使ったのですが、件の郵便局で作成の際に、看板屋さんが間違えたのでしょうね。
 完成・設置時には文字を読むと思うのですが、誰も気付かなかったのでしょうか。

 なお、引用元のMonumentというサイトがなかなか面白い。全国の案内板をテキスト化しているのです。無数の案内板(商業的なものは除く?)の一部とは言え、意味があるかも知れません。英語と中国語にも翻訳されています。(精度は疑問ですが。)


posted by kewpie at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 言語・文字
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186079677
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。