2019年08月29日

チャーリーズ・キャンメル〜まさか、こんな人が

 久しぶりに駅で見かけたもの、です。

cammel01.jpg

 「チャーリーズ・キャンメル社 イギリス」が何を示しているのかは、すぐに分かりました。

cammel02.jpg


 各地の鉄道駅が改築されていく中で、改築はする物の古い建築資材をそのまま残しておく駅もあります。
 この「チャーリーズ・キャンメル」もその一つです。予算の都合なのか、「残す」ことの両方の理由によるのでしょう。
 国産のレールではなく、イギリスからの輸入品のレールの廃材を駅舎の一部として使っていたことの名残です。随分前のレール会社ということになり、それを調べても見つからないだろうと思っていましたが、見つかりました。

レール刻印01.jpg


 「6.1 古レールの刻印を解読する(欧州製)」というページです。
http://homepage-nifty.com/arashi/fururail/6britain.html
 日本のあちこちに残る古いレールの刻印を調べてまとめているサイトがあるとは驚きです。

 このページをスクロールしていくと、「チャーリーズ・キャンメル」の名前が見えます。

レール刻印02.jpg


 こんな説明が書かれています。
チャーリーズ=キャンメル社(CAMMELL)その1 (〜1890)
刻 印 の 例 (SHEFFIELD を S に省略)
(大久保) CAMMELL・S TOUGH?????TEELW. 1890 S.T.K.SEC461
(有田),(大久保) C??MELLS TOUGH【穴】ED STEEL.W.1890.K.T.K.SEC351
(下関) CA?M??LS TOUGHENEDST??L V 188? K. T. K. SEC361
(有田),(小田原) CAMMELL・S TOUGHENEDSTEEL.W.1889.K.T.K. SEC351
(用宗) 【不明瞭】S TOUGHE??? ?TEEL ? 1889 ? ? ? SEC131
(東淀川),(千里丘),(飛騨古川),と↓ CAMMELL・S TOUGHENED STEEL.W.1888 K.T.K. SEC351
(熱田),(幸田),(由比),(大久保)
(笠岡),(東淀川),(西小坂井) CAMMELL・S TOUGHENED STEEL.W.1888.O.T.K.SEC350
(有田),(笠岡),(東淀川),(西大路) CAMMELL・S TOUGHENED STEEL.W.1889.SEC350.O.T.K
(大久保) ?A?MELL・S TOUGHENED?TEEL.W.1888 SEC350.O.T.K.
(多賀大社前) CAMMELL・S TOUGHENEDSTEEL.W.1888 SEC351 K.T.K
(長沼) CAMMELLS.TOUGHENEDSTEEL.W.1888. SEC351
(大久保) CAMMELLS TOUGHENEDSTEELW 1888 SEC461.K.T.K.
(上総中野) CAMMELLS TOUGHENED STEEL 1888 【以下読めず】
(有田),(笠岡),(飛騨古川), と↓ CAMMELL・S TOUGHENEDSTEEL.W.1888.SEC131.I.R.J
(熱田),(由比),(北上),(佐原),(松本),(伊東),(二宮),(武蔵小金井),(両国)
(北上),(上州一宮) CAMMELL・S TOUGHENEDSTEEL.W.1887 SEC131.I.R.J


 レールの説明です。
会社名: Charles Cammell & Co.
(チャーリーズ・キャンメル〔 / キャメル / カンメル / カムメル〕社)
所在国: England(イングランド)
所在地: Sheffield, South Yorkshire(南ヨークシャー州 シェフィールド)
略沿革:
1891年頃以降は"TOUGHENED STEEL"の"TOUGHENED"が省略される(省略後)。
1888年を境に、所在地の "SHAFFIELD" が "S." に省略される。
会社の沿革はよくわからない。設立は1837年 ?。
 キャンメル社製のうち、1890年以前のレール。この時代の刻印は非常に長いのが特徴的で、全長1.5m程度ある刻印もあります。また 1880〜82年頃の刻印は、前後がベタに繋がってどこが先頭か解らないようなレールもあります。

 年代の古いレールの刻印には、商品名の "TOUGHENED STEEL" 「強化鉄」が入っているようです(『レールの趣味的研究序説〔中〕』)。また、地名の SHEFFIELD については、古い年代のレールの刻印は SHEFFIELD が完全形で、その後は省略されて頭文字の表示となるようです。

 発注者名が刻印されている例が多く、それぞれ、官鉄(I.J.R)のほか、総武鉄道(S.T.K),関西鉄道(K.T.K),大阪鉄道(O.T.K)発注品のようです。

 なお "WILSON & CAMMELL" という、よく似た刻印のレールも有ります(ただし、絶対数は少ない)ので、この "CAMMELL" と区別して見る必要が有ります。


 さらに詳しいことも書かれていますが、引用はここまでとします。

 「チャーリーズ・キャンメル」社のレールが駅舎(ホームの上屋?)に使われている全国の路線名が書かれていますが、私が見つけた路線名は書かれていません。刻印が見つかったら、知らせてやることにします。

------
追記
 刻印を確かめました。(2019/09/21)
http://qpbgm.sblo.jp/article/186590451.html






posted by kewpie at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186513044
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。