2020年01月05日

今日もDVD

 今日もDVDの話題です。

15周年dvd_01.jpg

 これを注文した後に、5枚組のDVDを注文することになり、同じ「香港15周年コンサート」を入手することになってしまいました。
 しかも、これ、たった13曲しか入っていません。

15周年dvd_03.jpg


 さすがに少なすぎると販売側も思ったのか、コンサートと関係のない映像が2曲入っています。
 
 中には小さなライナーノートみたいなものが入っています。(いかにも日本製です。)

15周年dvd_02.jpg


 ここにはなかなか良い情報が書かれていました。
15周年のコンサートは、テレサ・テンがデビューしてから初めての東南アジア・ツア
ーです。1983年12月29日香港からスタートして台北・シンガポール・クアラルンプ
ール(マレーシア)等を巡演致しました。
コンサート全体をより完璧にするために、8ヶ月前からロサンゼルスで準備作業がは
じまり、衣裳はハリウッドで有名なBillwitten、バンドは昔からよくジョイントしていた日
本のバンドです。テレサ・テンのアーチスト・イメージを高めることはもとより、最新の
照明・音響等最新鋭の技術を駆使して作り上げた斬新的なステージ表現でした。リハー
サルだけで4ヶ月をかけましたが、テレサ・テンはストレスと体力を消耗して体重が減っ
て40キロになるほどでした。
しかし、そのような努力のおかげで香港公演はスタートと同時に最高の結果をもたら
しました。4会場合計6万枚のチケットはわずか数時間で売り切れました。 スポンサーの
要求で2会場が追加されましたが、またすぐ売り切れになってしまいました。ツアーのス
ケジュールは既に決っていたのでそれ以上の追加もできませんでした。当時の香港コ
ンサートについては、色々な評判がありました。特に音楽界に影響を与え、他の歌手達
にも良い意味での刺激を与える事になりました。香港コンサートから今日まで既に17
年たちますが、あのコンサートの内容はテレサ・テンらしく非常に素晴らしいものでした。




posted by kewpie at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレサ・テン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187007898
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。