2020年02月09日

3曲メドレー(4)〜嘆十聲

「嘆十聲」だけが具体的な英訳が見つかりませんでしたが、ようやく見つかりました。

嘆十声.jpg


YouTubeのアップロードコメントです。


烟花那女子 叹罢那第一声
That girl in the brothel made that 1st mournful sigh
思想起奴终身 靠呀靠何人
Recalling upon whom I could rely for my whole life
爹娘生下了奴 就没有照管
My parents gave birth to me and had no caring
为只为家贫寒 才卖那小奴身
Just because the family was extremely poor, they sold my little self
伊呀呀得儿喂 说给谁来听
Sighs (Yi Ya Ya Duh Er Wei) Whom could I tell to listen?
为只为家贫寒 才卖那小奴身
Just because the family was extremely poor, they sold my little self

烟花那女子叹罢那第二声
That girl in the brothel made that 2nd mournful sigh
思想起当年的坏呀坏心人
Recalling the ill-hearted man in those years
花言巧语 他把奴来骗
Using pretty language and sweet words, he lied to me
到头来丢下奴 只成了一片恨
In the end, he abandoned me. It just turned into much misgivings
伊呀呀得儿喂 说给谁来听
Sighs (Yi Ya Ya Duh Er Wei) Whom could I tell to listen?
到头来丢下奴 只成了一片恨
In the end, he abandoned me. It just turned into much misgivings

烟花那女子 叹罢那第三声
That girl in the brothel made that 3rd mournful sigh
思想起何处有 知呀知心人
Recalling where there would be one who understood me
天涯漂泊 受尽了欺凌
Wandering everywhere, cheated and traumatized to the extreme
有谁知 逢人笑暗地里抹泪痕
Who would have seen my smiling to strangers, but hiding away to wipe my tears?
伊呀呀得儿喂 说给谁来听
Sighs (Yi Ya Ya Duh Er Wei) Whom could I tell to listen?
有谁知 逢人笑暗地里抹泪痕
Who would have seen my smiling to strangers, but hiding away to wipe my tears?


 そして、ありがたい日本語訳。
煙花那女子嘆罷那第一声(遊郭の女の嘆き第一声)
思想起奴終身靠呀靠何人(私の一生は誰に頼ればいいの)
爺娘生下奴就没有照管(両親は私を世話してくれず)
為只為家貧寒才賣那小奴身(ただ貧しさのために私を売った)
伊呀呀得喂,説給誰来聴(ああ、誰が聞いてくれよう)
為只為家貧寒才賣那小奴身(ただ貧しさのために私を売った)

煙花那女子嘆罷那第二声(遊郭の女の嘆き第二声)
思想起当年的壊呀壊心人(あの時ひどい仕打ちをした人)
花言巧語他把奴来騙(うまい話を並べて私を騙した)
到頭来丟下奴只成了一片恨(私に残されたのは一片の恨みだけ)
伊呀呀得喂,説給誰来聴(ああ、誰が聞いてくれよう)
到頭来丟下奴只成了一片恨(私に残されたのは一片の恨みだけ)

煙花那女子嘆罷那第三声(遊郭の女の嘆き第三声)
思想起何処有知呀知心人(私の気持ちが解る人はどこにいるの)
天涯飄泊受盡了欺凌(どこにも落着けず嫌な思いをし続けた)
有誰見逢人笑暗地梩抹涙痕(笑いつつひそかに涙をぬぐうのを誰が見よう)
伊呀呀得喂,説給誰来聴(ああ、誰が聞いてくれよう)
有誰見逢人笑暗地梩抹涙痕(笑いつつひそかに涙をぬぐうのを誰が見よう)

http://asiatique.cocolog-nifty.com/world_music/2014/05/post-9b00.html

蕩婦心チラシ.jpg


 これらを参考に、あとは翻訳ソフトも使って英語訳を書き、日本語訳は今回はそのまま使わせてもらう予定です。

 不思議なのは、こんな悲惨な内容の歌が数多くの人に歌われ(それにしては、訳がほとんどない!)、テレサ・テンも定番の曲として歌っていたことです。

posted by kewpie at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | テレサ・テン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187138723
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。