2020年03月04日

ちびまる子ちゃんの内容が変!

 テレサ・テンの新しい情報を探しているとき、「樱桃小丸子里出现的邓丽君」というタイトルの動画に出会いました。

ちびまる子ちゃん01.jpg
https://www.bilibili.com/video/av92175020/

 これが「テレサ・テン」に加えて「ちびまる子ちゃん」に関係していることは何となくわかりました。
 ただし、「小丸子」が「ちびまる子ちゃん」だと思っていましたが、今この文章を各時点で調べると「樱桃小丸子」で「ちびまる子ちゃん」でした。「さくらももこ」と「まる子」がくっついたような名前です。
 それはともかく、とにかく「ちびまる子ちゃん」にテレサ・テンがどんな登場の仕方をするのか興味があったので、当然見ましたが、何か変です。



 中国語の吹き替えになっていて事情がよく分かりませんが、テレサ・テンがレコード大賞の発表の場で、「時の流れに身をまかせ」を歌っています。その後、中条きよし似の歌手が「北国の春」を歌い、さらに、「紅白歌合戦」も、「第25回紅白歌合戦」と表示されます。「時の流れに身をまかせ」を歌ったとき、紅白は第37回になっています。
 かなり吹き替えを利用して、元の内容が作りかえられていることが分かりました。

 そこで、”正しい”「ちびまる子ちゃん版テレサ・テン」を作ることにしました。
 日本レコード大賞(映像では、「全日本」となっています)のオープニングの映像や、もちろんテレサ・テンが「空港」を歌う映像、それに先だっての荒川勉の歌唱の映像、なぜか同じレコード大賞の時に「大衆賞」とやらを受賞した中条きよしの映像をすべて揃いました。
 面白いのは、「ちびまる子ちゃん」には、パナカラー(つまり、当時の松下電器のカラーテレビ)のCMまで出てきたので、これも探してみました。

ちびまる子ちゃん02.jpg

 当時のCMでさかんに流れた、坊屋三郎と外国人の「クイントリックス」を繰り替えず音声まで入っていて、驚きます。

ちびまる子ちゃん03.jpg

 この直後には、司会の高橋圭三・森光子の映像も入りました。

ちびまる子ちゃん04.jpg

 アニメーションの動きが、実際の映像に近いのに驚かされます。

ちびまる子ちゃん05.jpg

 声が、テレサ・テンに似ています。声優さんは誰だったのでしょう。この後の中条きよしもそれっぽい毛ですし、歌も上手です。

ちびまる子ちゃん06.jpg

 顔も結構似ています。

 アップロードした映像です。





posted by kewpie at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレサ・テン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187235088
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。