2020年03月11日

Arteck ジャンプスターター 12V車用エンジンスターター

 「Arteck ジャンプスターター 12V車用エンジンスターター」というのを、Amazonで購入しました。

battery_charger_02.jpg

 我が家の車の1台(軽自動車)のバッテリーが上がってしまったのが理由です。
 アクアの補機バッテリーは接続しにくいですし、そもそも「使うな」とどこかに書かれていたような気がしたのです。
 前から「1つあれば便利だろう」と思っていた製品です。購入を決め、バッテリーが上がってから2日後に届きました。
 今回購入したのは、18000mAhで0.6kg、18.2x8.8x3.5cmのものです。こんなもので、バッテリーのジャンプスタートができるのか…と半信半疑でしたが、結論を言うと、「動いた」でした。

battery_charger_01.jpg


 この手の製品はほぼどれも中国製で、日本語マニュアルがあっても、間違いだらけの日本語でよく意図が面割らない場合が少なくありません。
 この製品でもそれは該当しました。
 これは日本語の問題ではありませんが、Powerスイッチが2箇所にあるのですが、ジャンプスタートに治療する際に、そのスイッチはどうするのか、書いてありません。結果として、スイッチのONは不要でした。

 一番迷ったのは、パイロットランプの色です。

battery_charger_03.png


 パイロットランプが緑色になっている必要があるのですが、ケーブルをバッテリーの端子に繋ぐと、ランプは赤く点滅し、断続的なブザー音が鳴りました。
 「点滅」という項目はマニュアルにありませんし、少なくとも緑ではありません。端子にはしっかりと鰐口グリップを接続してあります。

 こうなれば、一か八かで…ということで、キーを回してみました。不思議なことに、運転席から見えるパイロットランプは緑色に点灯しました。
 マニュアルのランプの色の説明は、モーターを回したときの説明なのでしょうか。

 何度かモーターを回しましたが、エンジンが自身で回ってくれません。バッテリー以外に不調の原因があるのか…。
 今回のバッテリーが悲鳴を上げるのではないかと心配して、つい、小刻みにONではなく、一定時間ONのままにしました。
 その結果…エンジンが無事始動しました。

 マニュアルは不完全だが、「使える」というのが結論です。バッテリー上がりなんて滅多にありませんが、もちろんUSBの出力などもありますので、災害時などの準備として悪くはないと思っています。





 
posted by kewpie at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187299851
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。