2020年05月16日

「地先」という言葉〜知らなかった言葉(2)

 我が家の敷地の入口は斜面で、崩れにくくしないように先日アスファルトを敷いてもらいました。ただ、完成した様子を見てびっくり。アスファルトの部分と土の部分が直接接しているのです。
 だんだんと境界が崩れるのは目に見えているので、自分でコンクリートブロックを買ってきて境界に埋め込んでみました。

地先ブロック01.jpg

 本当はきちんと下地を固め、目地などの作業をすべきなのでしょうが、コンクリートブロックを並べて隙間には土を押し込んだだけです。でも、何もしないよりはマシでしょう。

 今回印象に残ったのはこの作業自体よりも、コンクリートブロックの名称です。ホームセンターに行ってそれらしきものを探し回って気になったのは、そのコンクリートブロックに添えられた「地先ブロック」の名称です。
 「地先」という言葉を初めて知りました。

 検索をして見ると、「地先ブロック」「地先境界ブロック」、また「境界ブロック」などの名称が見つかります。さらには、「舗装止めブロック」という名称も見つかります。
教えて!住まいの先生

Q 「舗装止工」の「舗装止」って何のことですか?
質問日時:2010/7/9 10:49:22解決済み解決日時:2010/7/10 22:12:55

ベストアンサーに選ばれた回答
A 回答日時:2010/7/9 16:07:01
簡単に書きます。
側溝やその他構造物がないところに舗装を行うと端部が直接土に接しますよね
この端部・・・人が歩くだけでもポロポロ壊れます。
そして、壊れないようにするために設けるのが「舗装止め」です。
一般的には「地先境界ブロック」などと呼ばれているコンクリート二次製品を使用することが多いでしょう。。。


 「地先」とは何のことなのか。
地先(読み)ジサキ
じさき ヂ‥じさき〔ヂ〕ちさき
デジタル大辞泉の解説

1 その場所の近く。「地先の河原」
2 江戸時代、自分の所有地・居住地などと地続きで、石高と関係なく自由に使える土地。
https://kotobank.jp/word/%E5%9C%B0%E5%85%88-518873

 あるいは、
じ‐さき〔ヂ‐〕【地先】 の解説
1 その場所の近く。「地先の河原」
2 江戸時代、自分の所有地・居住地などと地続きで、石高と関係なく自由に使える土地。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E5%9C%B0%E5%85%88_%28%E3%81%98%E3%81%95%E3%81%8D%29/
 広辞苑でも同じような説明です。

 これらでは、「地先境界ブロック」の名称の意図が分かりません。

 「地内と地先」というページが見つかりました。コンクリートブロックの名称の由来を想像させる説明をしてくれています。
地内と地先
2018-10-26 13:43:32
テーマ:ブログ
よく道路上での工事現場の看板に「○○市○○町○丁目○番地先」とか
「○○市○○町地内」などと書かれています。
この「地先」と「地内」とはどのような意味で、どのような違いがあるのでしょうか。

道路は、番地が存在する場合がありますが、無番地のものも存在します。
ただ、道路は公共のものであるため、番地表記することは、通常そぐわないです。
そこで、道路上の場所を特定するために、道路に接する土地の番地を「地先」として表示する場合があります。
ある番地の土地の先→「地先」と呼ぶようになりました。
この解釈は道路だけでなく、河川などでも同じです。
ちなみに、幹線道路などで本線に平行して側道が設けられている場合がありますが、この側道を土地に接する道なので「地先道」と呼ぶこともあります。

それに対して「地内」とは、どういう意味でしょうか。
「地内」とは、番地表記が難しい場合に用います。
 道路に接する土地が無番地であったり、工事現場が複数存在し、番地から番地の表記が難しい場合、大きなエリアを指す場合などが挙げられます。


 どうやら、道路など番地がないために、番地のある土地との区別が付きにくい土地(=地先)との境界線に設置する、(視覚的把握、物理的補強のために)コンクリート製ブロック、というのが今回の「地先ブロック」の名称の由来と考えられそうです。

posted by kewpie at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 言語・文字
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187512419
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。