2020年07月18日

ありがたい、複数の記事等の一致〜雑誌等の記事(35)

 また、雑誌の記事です。

雑誌「プレイファイブ」74-09.jpg

 「プレイファイブ」という聞いたことのない名前の雑誌ですが、音楽関係の雑誌のようです。その、1974年9月号です。
“浮上”したテレサ・テンを直撃!
僕の採点簿●伊藤強(音楽評論家)


 空前の輸入歌手ブームになった今年前半
の歌謡界 なかで最大級の期待を集めた
一人がテレサ・テン 『今夜かしら明日か
しら』に続く演歌の新曲『空港』(山上
路夫作詞 猪俣公章作曲 ポリドール)
が2週間でベスト43位 ヤングポップス
からの思い切った路線変更が成功しつつ
ある ようやく“離陸”したテレサを
音楽評論家の伊藤 強さんが○○ ○○
する――

 最後の2つの語が読み取れません。
 それよりも、せっかくの伊藤強氏の論説(?)の本文が読めなくて残念。

 ところでこの写真の服の上(笑)と同じ写真があると教えてもらいました。

1974airport.jpg


 何と言うことのないこの写真、web上にありそうでほとんど見かけません。しかも、説明なし。
 ただ、雑誌の時期と合わせて考えると、1974年の8月が9月だと分かります。
 さらには、スカートをよく見ると、次の台湾のテレビ番組(9月放送らしい)のとき同じです。

歌星之夜.jpg



 「『空港』中国語版〜雑誌等の記事(33)」の記事にあった「8月17日、ビザの書きかえのため帰国したテレサ・テン。翌日さっそくテレビでテレサが中国語に訳詩した『空港』を…日本へは9月に戻ってくる予定」と、これら3つがきれいに一致します。
 当然と言えば当然ですが、彼女の足跡をたどる中で間違いがあるので、こういう確信を持たせてくれる情報はありがたいものです。

-----
追記(2020/07/22)
 最後の2語について、「凝視 直面」だろうと、教えていただきました。
 たしかに、そうですね。雑誌のこの手の記事で、そういう言葉を予想だにしなかったので、思いつきませんでした。

 それにしても、随分と大袈裟な言葉ですが、伊藤強氏がさぞかし厳しく「凝視 直面」したテレサ評をますます読みたくなりました。
 国立国会図書館に行けば読めるはずですが、こんなときには行けません。

posted by kewpie at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレサ・テン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187714954
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。