2020年09月29日

2つの「十分」

 テレサ・テンの動画に文字を入れるのに、日本語で使われない漢字の入力をしなければならないときには、苦労をします。今日は「我𨗈不能夠遺樣子説」という一行を入れるのに「夠」で苦労をしました。
 ATOKの手書き入力を使いますが…。

十分03.png

 仕方ないので、電子辞書で探してみました。「夠」を手書き入力してみると…。
 認識されたのは、「够」という、偏と旁を入れ替えた文字。しかも、【「够〔夠〕】という、「同じ漢字」ともとれる表示です。
 どうにか、パソコン上でも「够」を入力できたことから、芋づるで「够」も見つかりました。
 その際に見つけたのがこの手のページ。(類似のページが結構たくさんあります。)



 「繁體」「簡體」の文字が見えるので、繁体字・簡体字の違いかとも思えますが、偏と旁が入れ替わっているだけで、簡体字の役割を果たしていません。

 このページを日本語にしてみました。

十分01.png


 どうやら、どちらも「十分」の意味があり繁体字・簡体字の違いとされるが、実は歴史的に見ると別の漢字だということのようです。残念ながら翻訳された記述からはよく分かりませんでした。

posted by kewpie at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 言語・文字
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187979666
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。