2020年10月25日

「そよぐ」の漢字にびっくり

 「不了情」の動画の歌詞を打ち込んでいたときに「そよぐ」というところで漢字変換をして出てきたのが、これです。

戦ぐ.png



 「そよぐ」という言葉の意味や響きと、「戦」の一般的な意味やイメージが違いすぎます。

そよぐ(戦ぐ)=(サヤグの母音交替形)そよそよと音を立てる
(広辞苑)

そよぐ(戦)=風が吹いたりして木の葉などがそよそよと音を立てる。わずかにゆれ動く。また、鹿などが草をかき分けながら行く。
(精選版 日本国語辞典)


 思い出すのは「そよかぜ」ですが、こちらは「微風」という当て字(?)が使われています。
 「戦慄」は、「そよそよ」とは随分違いますが、「ゆれ動く」という点では「そよぐ」に近いですね。

 ちなみに、「いくさ」の漢字は、広辞苑では「軍・戦・兵」で、精選版日本国語辞典では「軍」だけです。

 結局、歌詞の和訳では、「そよぐ」は使わず「揺れる」を使いました。

戦ぐ・揺れる.jpg


posted by kewpie at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 言語・文字
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188018588
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。