2020年10月19日

「クマ」の「駆除」

 近年、野生の熊が人里に現れることが増えてきましたが、今日は加賀市のデパートの中に入ってきたというニュースが報道されました。
 そのニュースで、気になった言葉があります。

クマを駆除.jpg

 「駆除」というと、害虫などを「殺すことで取り除く」という意味でよく使うのですが、熊のような大型の動物に対して使われるのは初めて聞きました。それで、麻酔銃などにより捕獲してデパートから「取り除いた」のかと思いましたが、やはり「射殺」でした。

クマを駆除02.jpg


 ほとんどの報道が「駆除」ですが、毎日新聞は「射殺」という言葉を使っています。

クマを駆除03.jpg


 また、テレビのインタビューで答えていた市民が何人も、「熊」を発音するときに、「マ」と「ク」を高く発音するのに気付きました。

クマを駆除04.jpg


 もっとも「マ」と発音する語は他にないようなので、誤解はありません。

 ただ、旬(シュ)を「シュン」と発音するのは勘弁してほしいですね。

posted by kewpie at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 言語・文字
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188043860
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。