2021年01月19日

「1990星光熠熠耀保良」修復ビデオ作成

 1985年のNHKホールコンサートの映像は貴重な資料ですが、それよりも5年後の1990年に行われた、香港でのチャリティーコンサート、星光熠熠耀保良のノーカットビデオも貴重です。
 ただ、しっかりとしたビデオがありません。映像もきれいではありませんが、特に音声が酷いのです。

1990星光熠熠耀保良01.jpg

 2つの音声トラックの内、下段が、元の映像と一緒に入れられた音声です。波形は薄いグレーで示されています。ピークが潰れている…と言うよりも、全部がピーク!?のような状態です。どうしてこんな音声で、エンコードしてしまったのでしょう。

 歌唱された曲単独の映像クリップでは、もっとまともな音声の入ったものが少しだけある(上の編集画面中の音声は上段)ので、音声のみをそちらから取って、あらたなビデオを作ることにしました。

1990星光熠熠耀保良02.jpg


 MCのコメント部分は、映像・音声ともベースとなるビデオを使い、歌唱部分は音声のまともな映像の音声のみを使うということです。MCのコメント部分については、失われたピークはどうしようもありませんが、全体のボリュームを15%に抑えて歌唱部分との音量の違和感があまりないようにしてみました。

 音声を単純に入れ替えるだけではダメです。部分的な歌唱のビデオと、ノーカットビデオの再生スピードが僅かに(約1%)違うのでスピードを調整しながら(ただし、音程を変えない処理をして)、2つがシンクロするようにしました。

 ただ、そのシンクロ作業が「我只在乎你(時の流れに身をまかせ)」の部分だけ、どうしてもうまくいかないのです。
 ようやく分かったのが、ノーカットのビデオですが、実は1秒ほど抜けているのでした。

1990星光熠熠耀保良03.gif


 ここには、静止画を入れるか、音声ソース用のビデオの映像を使えばいいでしょう。

 1つ残った課題は、どのビデオの再生速度が正しいのか…です。音声ソース用のビデオはいずれも約101%
にすることで、ノーカット版ビデオにシンクロするので、多分ノーカット版がちょっと速いのでしょうが、これをちょっと遅めにしたところで、4つの音声ソース用ビデオも0.1%単位の違いがあるので、シンクロはしません。
 ちょっと嫌ですが、ノーカット版の再生スピードを維持するか、一旦エンコードした後にちょっとだけ遅い(1/101だけ)ビデオを再エンコードすることになりそうです。


posted by kewpie at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレサ・テン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188324773
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。