2021年02月07日

耕運機のオイル交換

 竹切りと同じく、これも初体験。小型の耕運機のエンジンオイル交換をしてみました。

オイル交換0.jpg

 オイルはホームセンターで買った、4Lの10w-30。1L程度で足りるのですが、2Lというのはないので、これを購入。それから、オイル処理用の吸着紙。
 さらに、店頭に「無料」であった、オイルを入れるための…パイプ状のもの。これはありがたいです。もしや…と思って空きのペットボトルにねじ込むとピッタリでした。

 十分にエンジンを温めた後、ドレーンプラグを抜くと、あっという間に真っ黒になったオイルが出きってしまいました。
 どうせ大量のオイルが余るので、洗浄の意味でそのまま新しいオイルを入れてみました。

オイル交換02.jpg


 きれいなオイルが流れ出ます。意外と汚れは含んでいませんでした。ただ、流れ方は使いきったオイルと違ってどろどろ。少し入れただけですが、なかなか出切りません。
 つまり、今までのオイルは、汚れていただけでなく粘度がなくなっていたということになります。

 後は適量まで、新しいオイルを入れて終了。

 その後ちょっとだけ、竹を切りました。今日は50本くらいだけだったでしょうか。その前にやや強い風が吹いていたので、前日に切ったものの、引き出し忘れていた竹が、結構倒れていました。

posted by kewpie at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業・庭
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188382340
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。