2022年05月04日

アクアにVICSビーコン(2)

 1年前、アクアにVICSビーコンを仮設置していたつもりでしたが、当ブログの記録をたどったら、実際には何と約2年前でした。
 思い立って、「仮」を「正式」にすることにしました。
 これが「仮」設置直後の姿です。

vics04.jpg


 2年後の姿です。

aqua-vics2-01.jpg


 固定していたVICSユニットの両面テープが剥がれて、全く別の位置にずれています。ケーブルを仮固定していたはずのマスキングテープも剥がれ、ケーブルがぷらぷらしています。周囲は埃が覆っています。

 この作業が億劫になっていた理由の一つは、ケーブルを収めるのに剥がず必要のあるフロントピラーガーニッシュでした。私のアクアには、フロントピラーにカーテンシールドエアバッグが内蔵されており、爆発時に安全のためピラーガーニッシュが外れて乗員の顔に当たらないように、テザークリップというもので固定されています。(下の写真で、黒い、イチョウの葉のような形のもの)

aqua-vics2-03.jpg


 このテザークリップの脱着が面倒なのです。
 とは言え、vicsのケーブルをきれいに埋め込むためにはフロントピラーガーニッシュを外さなくてはいけませんし、それに加え、今では使わないのにウインドウ上部に先端だけ出ていた、以前のドライブレコーダーの電源プラグと、以前の2台目カーナビのマイクをこの機会に撤去して、すっきりさせることができます。

 テザークリップを外すには、上の写真の状態にした後、先の長いラジオペンチでつまんで、90°向きを変えると穴から抜くことができます。

 VICSユニットの取付は、少しでもすっきり見せる(と言っても見るのは自分だけの自己満足)ために、ケーブルをダッシュボード上の段差の部分に沿わせて右ピラーに引くことにしました。(仮固定のときと同じ)
 今回はケーブルを両面テープで固定して少しでも目立たないようにすることにしました。

aqua-vics2-02.jpg


 果たしてこれが剥がれずに、ずっとこの状態でいてくれるか、どうか…。

aqua-vics2-04.jpg


 VICSユニットとケーブルの固定が終わったところで、ピラーガーニッシュの取付です。
 テザークリップがうまく溝に入らないので、対応を考えました。

 ガーニッシュおよびクリップの取りはずしの場合は、?形(あるいは錨形、イチョウの葉形)の部分をラジオペンチで90°ひねって外しました。
アクア−テザークリップ01.png


 テザークリップはまだピラーに付いていますが、ガーニッシュを取り外した後に、取り外しました。
 ロックピンを押して取り外しますが、ガーニッシュが邪魔にならず、楽に取り外せました。

アクア−テザークリップ02.png


 固定時には、ガーニッシュにテザークリップを先に固定しておいてから、クリップの付いたガーニッシュをピラーに固定しました。

アクア−テザークリップ03.png


 取り付け完了です。

aqua-vics2-05.jpg

 ガーニッシュに空けた穴が大きすぎるように見えますが、実はガーニッシュが十分に下方向へ押し下げられていないためと思われます。

 実際にはカーナビを置くので、VICSユニットもコーナーセンサーのスイッチも、運転席からは見えません。

aqua-vics2-06.jpg


 ともかく、2年越しの作業(笑)が無事に作業完了となりました。



posted by kewpie at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189510854
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。