2022年05月16日

軽トラにだってドラレコ(3)

 軽トラドライブレコーダー設置のその後です。
 仮配線だったのを、ほぼ正式配線にしました。どうしてほぼ″かというと、正常に機能するGPSアンテナがないからです。

autovox-ドライブレコーダー21.jpg

 このドライブレコーダー本体(ルームミラー型)には、本来1電源ケーブル 2リアビューカメラへのケーブル 3GPSアンテナの3本のケーブルを繋ぐのですが、当面はGPSアンテナを諦め、2本だけを繋ぎ、昨日までの養生テープを剥がして、ミラー根元はタイラップ、それから先は黒のビニールテープ(笑)で固定しました。

 さて、今回の作業の中心は、リアビューカメラの固定でした。仮設置では運転席のすぐ後ろ、室内に設置してみましたが、
1 荷物を高く積んだときにも後方が見える
2 事故時にも後方が撮影できる
ことを考慮して、車外に取り付けることにしました。ただし、トラックという性質上、高い位置の設置はできず、ナンバープレートのそばにしました。

 ブラケットの穴をナンバープレート用の穴に重ねて共締めすることに。
 問題はケーブルをどこから引き入れるかですが、外を這わせるのはかっこ悪いですし、引っ掛けたりする恐れもあるので、ナンバープレートに隠れるように穴を空けました。長期の震動でその穴のケーブルの被膜が破れる可能性があるので、保護・補強をして置きました。

autovox-ドライブレコーダー22.jpg


 路面から近くて、何かにつけてケーブル全体が損傷を受けやすいので、ケーブル全体をコルゲートチューブで保護しました。
 リアの電源は、すぐそばに後退用ランプがあるので、エレクトロタップで分岐しました。
 コルゲートチューブで保護したケーブルは、すでにある電気器機のケーブルに沿わせてタイラップで一体にしました。(写真の黄色い線。エンジンのすぐそばなので、熱さ防止のカバーがあって点線部分はそれに隠れています。作業中の写真なので、その後、右端で弧を描いて浮いていますが、その後、ここはピンク線のように既設のケーブルに固定しました。)

autovox-ドライブレコーダー23.jpg


 以前から迷っていたのは次の作業です。ケーブルをどこから車内に引き込むのか…。
 助手席のシートを持ち上げてみると、大きなメンテナンスホールがあり、通常はプラスチックのカバーでふさがれていました。
 このカバーに穴を空けて、ここからケーブル(写真中、黄色い線。)を引き込みました。

autovox-ドライブレコーダー27.jpg


 こんな感じに仕上がりました。

autovox-ドライブレコーダー25.jpg


 ナンバープレートも隠さないので、車検でも問題ないと思います。

autovox-ドライブレコーダー24.jpg


 当初は、直下が見えるようにカメラをかなり下向きにしてみましたが、水平方向が視野外になってしまい、本来のドライブレコーダーの役割も果たしませんので、諦めました。

 肝心の映り具合です。当然のことなのですが、路面から数十センチの高さなので、後方の遠くは見えません。すぐ後ろの車だけです。また夜間は、すぐ後ろの車のヘッドライトが、ロービームでもカメラに当たるので、まったくナンバープレートは撮影できません。

 夕方〜夜間の映像ははっきりとし、きれいです。

autovox-ドライブレコーダー26.jpg


autovox-ドライブレコーダー20.jpg


 ほぼ、これで問題ないように思えそうですが、実は大きな問題があります。この初期のドライブレコーダーの大きな問題を抱えています。昼間はミラーとしての反射が強すぎて、埋め込まれた液晶の画面がよく見えないのです

 今考えている対策は、
1 走行中は液晶画面をOFFにして、バックの時だけカメラがONになる設定にする。
2 運転席後ろのガラスをフィルムなどで黒くして、ミラーによる反射を抑えて、液晶の画面がよく見えるようにする。
のいずれかです。

posted by kewpie at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189542130
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。