2022年05月27日

スコラ(1984年)〜雑誌等の記事(45)

 ヤフー・オークションに出品されている雑誌の切り抜きページです。

1984スコラ記事(香港コロシアム)001.jpg

 文面に品がないこと(笑)と、一個所「スコラ取材班」と出てくること。また、記事の主な内容は1983年暮れに香港コロシアムで行われた15周年コンサートの様子とその時のインタビューであることから、雑誌『スコラ』の1984年1月ころのものと思われます。

 少しだけ読み取れない個所(■で代替表示)がありました。
セクシー・レディ・インタビュー海外編
東南アジアの美空ひばり≠ノなっちゃった

テレサ・テン

テレサ・テンを覚えているかい? 『空港』のヒットで'74年の新人賞を総ナメにし、その後偽造パスポート事件でコツ然と姿を消してしまった、台湾出身のカワイコちゃん歌手だ。そのテレサが、いま“東南アジアの美空ひばり”と呼ばれるほどの大活躍。そして、生ツバゴクンのいい女になったというウワサが流れてきた。彼女の歌い方があまりにも扇情的でポルノチックだと、中国当局が精神汚染キャンペーンでやり玉にあげたほどに……。テレサに会いたい! ムラムラと高まる気持ちを抑えきれず、われら取材班は、香港まで飛んでテレサにインタビュー。来日直前の素顔をキャッチした!

あまり流行(はや)るので中国当局はテレサの歌を「精神汚染」だと、考えたのだった。

(写真)

【デビュー15周年記念
リサイタル。1万4
000人のファンが
テレサを迎えた……

 あのテレサが生ツバゴクンのいい女
になったという情報が、最近ひんぱん
に飛びこんでくる。そのうえ、中国本
土の精神汚染追放キャンペーンで、や
り玉にあがってるとか(彼女の歌い方
が扇情的でポルノチックだと中国当局
が懸念)。
 日本では『空港』のヒットで'74年の
新人賞を総ナメにしたが、偽造パスポ
ート事件でコツ然と姿を消してしまっ
た台湾の美少女=c…という程度の認
識しかない。だけど、彼女は去年でな
んとデビュー15周年なのだ。台湾の美
空ひばり≠ニ騒がれてガキの頃からの
ど自慢荒し。向かうところ敵なしの
天才的歌手のテレサ・テン■■も今
年30歳。果たしてテレサはどんなイイ女
になっているんだろうか。

 どうしてもテレサに会いたい……と
いう気持ちが抑えきれずに、スコラ取
材班は去年の暮れに香港でおこなわれ
た彼女の15周年記念リサイタルに飛ん
で行ってしまった。
 ● ● ●
 その日(12月29日)香港の空は珍し
く晴れわたっていた。会場の香港コロ
シアムは総工費■26億円をかけた巨
大な多目的体育館。夕方の5時をすぎ
ると、あかね色の空に浮きでたコロシ
アムに大群衆がどんどん吸いこまれは
じめた。ロックにしろジャズにしろ、
コンサートに集まる人間はだいたい着
ているものから髪型までなんとなく似
ているものだが、テレサの場合はてん
でバラバラ。性別年齢いっさい不■の
見物客は、ちょうどニッポンの正月■
■、初詣で客にそっくりだ。
 午後6時半、席についてあたりを見
わたすと、26メートルの高さにまでせ
りあがった■■■■のシートはすべて
満席。1万4000人の大観衆である。
急にカメラマンが気になってきた。ア


1984スコラ記事(香港コロシアム)002.jpg


イツの広角レンズでカバーできるのか
ね……。
 開演を告げるベルが鳴ると、シンセ
サイザーの音が鳴り響きオープニング。
中島みゆきの『待ちわびて』のリズム
にのって、テレサが舞台中央から登場
した。純白のチャイナドレス。スリッ
トからこぼれる脚線美がスポットライ
トに光る。
 満月のようなムーンフェイスは、す
っかりコケティッシュなおとなの女へ
と変わっていた。15年間のヒットメド
レーを、広東語、北京語、日本語、英語と
使い分けて歌っていく。客席からはそ
のたびにゴーッという歓声が沸きあが
り、テレサ人気のすさまじさを思い知
らされた。ハスキーで甘ったるい声で
身もだえしながら歌われると、からだ

のシンから、情熱的■■≠ェあふれて
くるようだ。(中国当局がポルノチック
だと認定したのも無理はないな……)。
 第2部はアメリカ仕込みの激しい踊
りとヒットメドレーのかずかず。ラス
ベガスの「シーザスパレス」での成功が
ぐんと自信をうえつけたんだろう。あ
っけないエンディングで、最後は盛り
あがりに欠けたが、ともかく、彼女が
アジア最大のスターであることを証明
するコンサートではあった。

【5キロやせてプロポ
ーションも抜群。熟
女テレサが日本のフ
ァンを悩殺するぞ!

 まだカラダにピリピリとテレサ・テ

(上写真/キャプション=アメリカで滞在中ダンスの特訓をしてきたというテレサ。シェイプアップされた肢体がまぶしい)


ンを感じながら、公演後の
楽屋で面会が許されるのを
待つ。香港側はかなり神経質
になっているせいか、インタ
ビューの申込みもそうカ
ンタンにはいかない。待
つこと数十分。ユニフォ
ームを着たスタッフが手
まねきをして呼び入れた。
「O・K。バット、ショー
トタイム」
 楽屋のドアを開けると、豹
プリントのソファにメイクも
そのままの彼女が座っていた。
「トーキョーから来てくれ
たの? ホント? ニッポ
ンの皆さんには、もうお会
いできないと思ってた」
 なんていじらしい発言な
んだ!(オイ、日本の熟女
どもよ、色気さえふりまけ
ばいいと思ったら大マチガイだぞ)
――日本を離れてからどうしてたの?
テレサ ロスに行って、1年間、UC
LAで勉強してました。生物学、数学、
それと映画関係のこと。
――じゃあその間は歌手活動はなし?
テレサ しなかった。15歳でデビュー
してからずっと働いていたから、テイ
ク・ア・レストしたくなったわけ。
――すっかり見違えたね。
テレサ 私、もう30歳。おとなになり
ました。昔は若すぎて、自分の力で何
も決められなかったから……。
――30ですかァ。見えないなあ。プロ
ポーションは前より良くなったみたい。
テレサ そうそう。5キロくらいやせ
た。アメリカで半年間、ダンスの特訓
やったから。マッスルが締まったのね。

(下写真/キャプション:イイ女になったねぇ。そのキュッとしまったアンヨがなんともセクシーなのだ)

よぶんな肉落ちた。でも顔まだま
るーい。
――歌手に戻ったのはいつから?
テレサ えーと。80年の秋ごろ。アメ
リカから台湾に戻って、それからです。
こんどは中国の古い歌ととかをやってみ
たくなって『何日君再来』とか『梅花』
なんかがそう。
――それが、中国本土でも大ヒット。
でも、テレサの歌はついに禁止になっ
てしまったわけだけど……。
テレサ カセットテープやレコードが
見つかると財産没収されたりするんで
すよ。
――それはつらいね。たかが歌なのに
さ。
テレサ そう。歌にツミないです。
 キッパリといいきるテレサに、複雑

な思いを感じる。たぶん、彼女はわれ
われ以上に割り切れない思いを抱いて
いるだろう。
――ところで、テレサ。今、恋人は?
テレサ ゼロ。またふられました。
私ね。片思いとか失恋ばかりなの。ど
うしてでしょう。
――ほんとかなァ。それだけキレイに
なったところをみると、ずいぶん恋愛
経験も多いと思うけど……。
テレサ 失恋経験なら多い。もう10回
くらい。
――そんなにマジメにいわれると困る
な。好きな男はどんなタイプ?
テレサ だれでも大丈夫です。
――な、なんなんだ、それは。太った
のとかやせたのとか、条件はないの?
テレサ ああ、ハイハイ。そうねえ。
年上でメガネの似合う人がいい。
 コンサート直後で疲れているにもか
かわらず、彼女は終始笑顔で答えてく
れた。
 最後に来日について聞くと、
「ニホンの皆さんに大変迷惑かけまし
た。私、あの頃とくらべておとなにな
った。新しい自分をぜひ見てほしいで
す。私の気持ちとして、もう1度ファ
ンの皆さんにお会いしたいと思ってま
す」
 折りしも、アジアの歌がニューウェ
イブとして取り上げられている。東南
アジアのスーパースターとして大輪の
花を咲かせているテレサ・テンの、成
熟した色気と変わらぬ歌のうまさに、
再び出会えるのも、もうすぐだ。
 すっかり精神汚染のすすんだ取材班
は、いまや彼女のテープなしに、孤独
な夜を過ごせなくなってしまっている
のであった。


posted by kewpie at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレサ・テン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189566447
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。