2022年06月23日

置いてけ「ぼり」

 過日、BSで三木たかしの特集があって視聴しました。(過去にあったのと同じかも知れません。) 目的はもちろんテレサ・テンなのですが、坂本冬美の『夜桜お七』の歌詞で気になったことがあります。

置いてけ堀01.png

 耳で聞いただけでは気にならなかったことでしょうが、画面を見て気付いたことです。

 坂本冬美は「おいてけぼりを…」と歌うのですが、画面の字幕には
「置いてけ堀をけとばして」
と表示されています。
 そういえば、日常でもよく使う「おいてけぼり」ですが、「ぼり」が何なのかを考えたことはありませんでした。手許の電子辞書で調べてみました。

置いてけ堀02.png


 そもそもが「置いてけ」と声の聞こえる堀の通称に由来する表現でした。
 なるほど。「置いてけ堀」の漢字表記の理由はわかりました。
 ただ、歌詞は良く分かりません。
作詞:林 あまり

作曲:三木 たかし

赤い鼻緒がぷつりと切れた
すげてくれる手ありゃしない
置いてけ堀をけとばして
駆けだす指に血がにじむ

さくら さくら
いつまで待っても来ぬひとと
死んだひととは おなじこと
さくら さくら はな吹雪
燃えて燃やした肌より白い花
浴びてわたしは 夜桜お七
さくら さくら 弥生の空に
さくら さくら はな吹雪

口紅をつけてティッシュをくわえたら
涙が ぽろり もひとつ ぽろり

熱い唇おしあててきた
あの日のあんたもういない
たいした恋じゃなかったと
すくめる肩に風が吹く

さくら さくら
いつまで待っても来ぬひとと
死んだひととは おなじこと
さくら さくら はな吹雪
抱いて抱かれた 二十歳の夢のあと
おぼろ月の夜の 夜桜お七
さくら さくら 見渡すかぎり
さくら さくら はな吹雪
さくら さくら さよならあんた
さくら さくら はな吹雪

 どこかを蹴飛ばしたのは分かりますが、どうしてそれが「置堀」である必要があるのかは分かりません。

 それにしても、この曲。メロディも歌詞もなかなか挑戦的な作品です。歌詞の中の「置いてけ堀」もさることのながら、「ティッシュ」というのが面白いと思いました。


 
posted by kewpie at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 言語・文字
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189621458
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。