2022年08月06日

「週刊女性自身」1995年5月30日号〜雑誌等の記事(49)

 世界中の誰も予想しなかった、テレサ・テンの死。その直後に出された「週刊女性自身」。

1995-5-30「週刊女性」-01.jpg

 メインの、発行とのタイミングの良い記事であるだけに、そのタイトルも
[薬物]エイズ[同性愛]暗殺…
死因に疑惑が!
どこも書けない!
テレサ[テン]さん(享年42)老婆℃の怪!
1日ジュース2杯だけの10キロ減量=I衰弱した体に何が起こった!?
と長く、しかも、購買意欲をそそるようにな怪しい文言が、写真と共に並んでいます。

1995-5-30「週刊女性」-02.jpg


 緊急の記事を掲載するスペース確保に苦心したのでしょうか、目次の上から記事が始まっています。

1995-5-30「週刊女性」-03.jpg


 (ここでは、2ページ目が完全に読み取れませんでした。×××××で示してあります。)
艶のある声で「アジアの歌姫」として絶
大な人気があった彼女。1日ジュース2
杯だけの減量で衰弱した体に何が――


1995-5-30「週刊女性」-04.jpg

 アジアの歌姫・テレサ・テ
ンさんが、5月8日タイ北部
のチェンマイのホテルで急死
した。
 彼女は4月2日から、恋人
のフランス人カメラマン・ス
テファン・ピエールさん(32)
と一緒に、静養が目的でスイ
ートルームに滞在していた。

 5月8日の夕方、2人は買
い物に出かけるつもりだった
が、テレサさんの気分がすぐ
れず彼女だけ部屋に残った。
 午後5時15分、突然、テレ
サさんがドアから飛び出し、
「媽アー、媽アー(お母さん)」
と訴えて、くずれるように廊
下に倒れたのをホテルの従業
員が発見した。
 すぐにホテルのリムジンで
病院に運ばれたが、車の中で
テレサさんは、ぐったりと動
かなくなった。
「ホテルから病院まで、ふだ
んなら車で10分くらいのとこ
ろですが、道路の渋滞で30分
以上かかり、この20分の差が
命取りになったようです」と、

地元の新聞記者。

1995-5-30「週刊女性」-05.jpg


 病院の救急室に運ばれたと
きは、すでに心臓は止まって
いた。
「1時間にわたり、人工呼吸
や心臓マッサージを続けまし
たが、蘇生しませんでした。
 心臓、瞳孔、血圧、呼吸す
べてが低下していました。
 ホテルから病院に来る
途中で、すでに死の状
態でした。
 死因は、気管支喘
息の発作による心臓
マヒです」と、担当
医のスメット医師。
「遺体に外傷もなく、死
因に不審はありません。
 警察も犯罪に関わる可能性
はないと判断しています。
 遺族の希望で解剖
は行いません」と、
変死でありながら、
司法解剖をしなかっ
た理由も、スメット
医師が記者会見で説
明した。
 席上、記者から遺
体の顔の老婆のよう
な変貌ぶりと左首に
ある黒いアザ(本誌
グラビア・カラー写真


にもはっきり写っている)につ
いての質問があった。
「それは死体保存のためのホ
マリン注射を打ったために
出たものです」と、スメット
医師は不審を否定した。が、
テレサさんの遺体をテレビ映
像で見た元・東京都監察医務
×××××××××××××

「左クビのアザは、皮静脈に
血液がかたまってできたもの
です。
 喘息の発作て酸欠状態にな
った結果ですが、発作が起き
たときに起こる、顔のうっ血
が見られないのは不思議です
 ですから、問題になってい
×××××××××××××

睡眠剤などの薬物中毒で起き
たのか判断がつきません。
 ただ、気管支喘息ならば、
胸を打診すると、胸に空気が
たまってボンボン≠ニ音が
しますからすぐわかります。
 気管支喘息を患っている人
が歌手というのは考えにくい
×××××××××××××

 テレサさんの出身地でもあ
り、肉親が住む台湾では、彼
女の突然死をめぐって、さま
ざまな疑惑が取り沙汰されて
いる。遺族が解剖を拒否した
ことも、凝感を増幅した。
 香港やタイのマスコミ報道
は、テレサさんの死因を同性
×××××××××××××

 テレサきんが香港の女性映
画監督と同性愛関係にあり、
女性監督自身も関係を否定も
肯定もしなかった事実がある
 香港の週刊誌は、この映画
監督の顔写真まで掲載して、
彼女がチェンマイで静養して
いた理由を推測し、エイズの
×××××××××××××




posted by kewpie at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレサ・テン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189815781
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。