2022年11月11日

ヴィッツに乗り換え(12)〜ホイールナット交換

 先日、ヴィッツのホイールを冬タイヤのものに交換しましたが、ホイールナットの長さが31mmで、フェンダーから出るほどではありませんが、ホイールの麵と同じくらいで、見た目も良くありませんでした。
 Amazonで購入した、長さ22mmのナットを取り付けます。
 注意書き。

ヴィッツ22mmホイールナット01.jpg

 31mmナットを取りはずし、22mmと比較。

ヴィッツ22mmホイールナット02.jpg


 ボルトがナットから突き抜けることはないことを願いながら、最初は素手でゆっくりと22mmナットをボルトにはめ込みました。
 最後はトルクレンチで締め付けましたが、ナットキャップ部に異常はありません。
 2つだけ交換してみました。

ヴィッツ22mmホイールナット03.jpg(普通は、対角線上での順にはめ込みますが、これは撮影用。)


 ナットが主張しすぎず、しっくりとホイールに収まっています

 これで無事に、ホイールの交換作業完了と思いきや、一つ課題が残りました。

ヴィッツ22mmホイールナット04.jpg


 ホイールのセンターキャップが3mmほど「浮いている」状態です。前回そのことに気付いたので、今回は中に押し込んでぴったりした状態でナットを締め付けたのですが、その結果、また浮いてしまいました。
 どうやら、車軸の中心が当たって、押し出してしまうようです。

ヴィッツ22mmホイールナット05.jpg


 パッソで問題ないのは、パッソは車軸の出っ張りがこのヴィッツよりもすこし短いということなのでしょう。
 また、ヴィッツの純正ホイールの場合はトヨタ固有のナットを使うので、固定部の形状(厚み)が違うので、大丈夫なのでしょう。
 つまり、パッソ純正ホイールは、ヴィッツでは完全な互換性がないということになります。

 対応は、1車軸の頭を削る 2スペーサーを入れる、が考えられますが、センターキャップごときのための対応としては、非現実的です。
 センターキャップの内側を削るにしても、薄いので穴が飽きそうです。(金属製の薄手のキャップなら大丈夫?)

 中心が盛り上がった、トヨタ純正ホイール用のセンターキャップなんてないでしょうから、落下しないようにと願いつつ、諦めるしかないようです。


posted by kewpie at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189927547
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。