2023年08月21日

『女ひとり』はお気に入り?

 『女ひとり』を歌っている映像は、私の知る限り「ロッテ歌のアルバム」のものだけですが、考えてみれば早くも1976年7月の新宿ルイードでも歌っていますし、CDにも収録されています。
 今回知ったのは、録音を滅多に聞くことのないアメリカやカナダでのコンサートの中で、どうやら『女ひとり』を歌っていたということです。



 伴奏が、国内のテレビ番組のようなオーケストラではなく、(この曲については)琴を思わせるエレキギターと、雅楽の横笛(何と言うのか名前か分かりません)を思わせるフルートがメインの伴奏は、今までに聞いたことのない『女ひとり』の伴奏で、なかなかいいものです。
 その伴奏に合わせて歌われる日本の曲を、聴衆はどんなふうに味わったのでしょう。
 とにかく非常によい選曲だったと思います。

 ただ、実際に歌っている歌詞を聞いてみるとちょっと変です。
京都 大原 三千院
恋に疲れた女がひとり
塩沢がすりに名古屋帯
池の水面にゆれていた
京都 大原 三千院
恋に疲れた女がひとり

京都 嵐山 大覚寺
恋に疲れた女がひとり
塩沢がすりに名古屋帯
影を落した石だたみ
京都 嵐山 大覚寺
恋に疲れた女がひとり
 3番までの歌詞の内、2番まで歌っているのはいいのですが、かなり滅茶苦茶です。「塩沢がすりに名古屋帯」を2回も歌っています。テレサ・テンは結構歌詞を間違えます。(笑)
 正しい歌詞はこちら。
京都 大原 三千院
恋に疲れた女がひとり
結城に塩瀬の素描の帯が
池の水面にゆれていた
京都 大原 三千院
恋に疲れた女がひとり

京都 栂尾 高山寺
恋に疲れた女がひとり
大島つむぎにつづれの帯が
影を落した石だたみ
京都 栂尾 高山寺
恋に疲れた女がひとり

京都 嵐山 大覚寺
恋に疲れた女がひとり
塩沢がすりに名古屋帯
耳をすませば滝の音
京都 嵐山 大覚寺
恋に疲れた女がひとり

 永六輔さん、許してくれますよね。
 中国語の歌詞は1番だけを2回とかって言うのが多いので、日本の2番、3番とある歌には、慣れないだけに苦労をしたと思います。

 さてこの『女ひとり』、「ケ麗君 - 滄海遺珠現場芳華第二輯」という、レコード1枚(15周年ツアーのマレーシアの歌唱を収録?)と、CD1枚というアルバムの、CDに1979年の録音として収録されています。
https://www.iteresateng.com/albums/nc-1023.html
 1979年と言えば、2月にパスポート事件で渡米した年ですので、アメリカ・カナダでのコンサートの可能性が高いというわけです。この曲があるBilibiliのコメントでは「バンクーバー」という記述があります。
 従って、1979年4月13日のVancouver Orpheum Theatreでの録音の可能性が高いのですが、断定する根拠がありません。


posted by kewpie at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレサ・テン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/190519950
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。