2023年12月01日

facebookで、テレサ・テン詳細情報

 基本的にFacebookは嫌いなので開かないのですが、私が知りたい情報を発信しているユーザーがいました。

facebook20231201_01.jpg


ケ麗君
3日 ・
1981年4月18日至24日,一連七天九塲全滿的利舞台演唱會,破了香港娛樂表演史上的記錄,港幣一百二十元的門票在當時來說一點都不便宜, 然而這是舊價,已經被甄妮追半了,所以,有人建議ケ麗君把票價提升至一百五,以她的受歡迎程度,一定能夠賣個賣堂紅的。
不過, ケ麗君不認同純以票價的高低,來做為一位歌手受歡迎程度的考量,在出席「天香樓」酒家所舉行的記者會上,她特別強調自己並非以此為目標。她希望大家不要誤會自己是來搶錢的,也不想把觀眾給嚇跑了。
她指出樂隊、和音和舞蹈員的支出是一筆不小的數目,一百二十絕對值回票價。不過,她的演唱會廣告一刊登在報章上,九塲演唱會的所有門票,在短短三天內就已銷售一空,將來若自己想破此紀錄也非易事呢!
翻訳
1979年に米国のミュージックグラインダースタジオで、山口百恵に続き、ここでレコーディングしたアジア人2人目の歌手です。カリフォルニア州ハリウッドアベニューのミュージックグリンダーは1975年に創設され、今年にレコーディングされたスーパースターのダイアナ・ルース、マイケル・ジャクソン、ドナ・シャマなど。
Yang Lijunは「On the Water side」「A Careful Wish」「A Strong Home feeling」など人気アルバムがたくさん収録されています。 「No Two」のいくつかの曲もここで完成しました。 しかし、リジュンは広東語の発音に満足せず、翌年香港に戻って歌おうと主張した。
Music Grinderを半日300ドルでレンタル、音響技術者費用を含まず、レコードレーベルの負担を軽減するため、プロデューサーのウー・クアンが香港で大量の曲を収集し、その後現地の人々を雇ってアレンジとレコーディング 音楽、そして重いテープで米国に飛び立ち、サポートパートのジュリュンに会う、声は3人の黒人女性で構成されています。 Jiao Lijunの録音スピードでは、一週間で30曲または40曲ができます。


facebook20231201_02.jpg

1979 年ケ麗君攝於美國Music Grinder 錄音室,她是繼山口百惠,第二位於此地錄音的亞洲歌星。位於加州好萊塢大道的Music Grinder 成立於1975年,當年在此錄音的還包括巨星戴安娜露絲、邁克爾・傑克遜、的士哥女王唐娜莎瑪等等。
ケ麗君有好多膾炙人口的專輯如,「在水一方」、「一個小心願」、「原鄉情濃」都是在這𥚃錄製的, 「勢不兩立」有部份歌曲也是在這𥚃完成,不過,ケ麗君不太滿意自己的粵語發音,所以堅持隔年回到香港重新灌唱。
租用Music Grinder 半天就需三百美元,這還不包括音響技師的費用,為了減輕唱片公司的負擔,製作人ケ錫泉會在香港收集大量的歌曲,包括原創作和翻唱曲,然後在當地請人編曲和錄製伴奏音樂,再由他帶著厚重的錄音帶飛到美國和ケ麗君會合,進行配唱部分,和音則由三位K人小姐組成。以ケ麗君的錄音速度,三、四十首歌曲在一星期內就能完成。


翻訳
1981年4月18日から24日まで、7日間の9日間のフルステージコンサートが香港での芸能公演史に残る記録を破った。 当時はHK$120のチケットは全然安くなかった。 しかし、これが古い価格で、既にヤニーに半分追われた。 そこで、Yang Lijunがチケットの価格を150に上げるよう提案した人もいる。 彼女の人気があれば、彼女は間違いなく店を売ることができるだろう。
しかしヤン・リジュンは歌手の人気考慮でチケットの価格に賛成せず、「天 x塔」レストランが開いた記者会見で、彼女はゴールではないと強調した。 彼女は、人々がお金をつかむためにここにいるという間違った考えを抱かないことを望んでいて、観客を怖がらせたくない
彼女は、バンド、コード、ダンサーは多額のお金を使っている、チケットを返す120は絶対に価値があると指摘した。 しかし、彼女のコンサート広告が新聞に掲載された途端、9周年記念コンサートのチケットはわずか3日で完売した。 将来、この記録を破るのは容易ではない!


 提供してくれている情報の根拠を示してくれるといいのですが…。

posted by kewpie at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | テレサ・テン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/190675624
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。