2023年11月21日

1977年10月26日にもルイードで歌唱?

 Facebookに、「1977年10月26日,ケ麗君於新宿ルイード(Ruido)演唱。」という記述が、ありました。

19771026ruido.jpg

 私が一応把握していたところでは
>1977年8月26日・・・「龍騰天下」での記述による。
が最後のルイード出演なので、間違いなければ貴重な情報です。
ケ麗君
2022年4月14日 ・
1977年10月26日,ケ麗君於新宿ルイード(Ruido)演唱。
在日本當長駐歌星的時候,ケ麗君表示根本沒有機會嚐到寂寞的滋味,在渡邊公司的安排下幾乎每一天的表演都排得滿滿的,忙碌過後只會感到疲倦不堪。比如說趕飛機,一個星期去北海道九州幾個城市演唱之類,返到東京第一件事便是好好睡一覺,她說:「這時我那有空闍試笵求H這樣的演唱生涯,沒有一個圈外的男生有耐心等待的。」
ケ麗君的演出行程是公司一季季早就安排好的,大半的時間工作是在各城市飛來飛去的,要不然便是趕超特急新幹線火車,一個星期只有禮拜天是她的休假日。
盡管她對那些喝得酩酊大醉、又不是真正來聽歌的男觀眾感到非常厭惡,可是,日本的合約還是一年一年簽了,她坦言沒有什麼把她縛住,應該說是日本的音樂環境和她自己的志趣互相牽縛吧!
她說:「在日本無論你唱到什麼年紀,都有人支持你,如美空雲雀、島倉千代子都是唱了幾十年的歌星,這裡就有這樣的環境,可是在其他地方,恐怕我早已定下退休年齡了。」
當時她曾說過,在日本的事業還未能突破到另一新階段,她期待有幾首唱得街知巷聞之作,到時候她將退居幕後,學習作曲和唱片製作。


 Facebookの翻訳が酷いので、DeepLによる翻訳。
テレサ・テン
2022年4月14日
1977年10月26日、テレサ・テンは新宿瑞堂で歌った。
日本で専属歌手として活動していた頃、テレサ・テンは孤独を味わう機会がなかったという。 ほぼ毎日が渡辺のアレンジによる公演で埋まり、多忙なスケジュールに疲労感しかなかった。 例えば、彼女は飛行機に乗らなければならず、1週間のうちに北海道や九州のいくつかの都市を回らなければならなかった。東京に戻って最初にしたことは、ぐっすり眠ることだったそうで、「こんなときに寂しいと思う暇があるわけがない。 そんな歌のキャリアを待つ忍耐力なんて、業界外の男にはない。
テレサ・テンの出演スケジュールは四半期ごとに所属事務所によって組まれ、週に一度だけ平日に休みが取れるだけで、ほとんどの時間を飛行機で都市から都市へ移動するか、超特急の新幹線に乗って過ごす。
自分の歌を聴きに来ているわけでもない酔っ払いの男性客に嫌悪感を抱きながらも、彼女は毎年日本で契約を結んでおり、自分を縛っているものは何もなく、むしろ縛っているのは日本の音楽シーンと彼女自身の興味だと認めている!
日本では、何十年も歌い続けているミコノ・スカイラークさんや島倉千代子さんなど、何歳になっても応援してくれる人がいて、そういう環境があるけれど、他の国だったら、もう定年を迎えていたかもしれない」と彼女は言う。
当時、彼女は、日本でのキャリアはまだ次のレベルにブレイクしておらず、何曲かヒットを出したら一歩引いて作曲やレコード・プロデュースの勉強をするのが楽しみだと語っていた。

DeepL.com(無料版)で翻訳しました。

 それはともかく、肝心の「1977年10月26日にもルイードで歌唱」については、冒頭の1行だけで残念です。写真も間違いないのでしょうか。

 DeepLが飛び抜けてすぐれている訳ではありませんけどね。上の日本語訳では、ルイードが「瑞堂」、美空ひばりは「ミコノ・スカイラーク」となったりしています。固有名詞を固有名詞として、無理して変えなければいいわけですけどね。「ミコノ・スカイラーク」さんと並んでいる歌手名は「島倉千代子」
になっています。カタカナやひらがなを、無理矢理変えてしまう傾向があります。それからDeepLは分からないところを、勝手に、さりげなく飛ばしてしまうという技を持っていて、翻訳全体を読むと結構自然な日本語になっていたりしてだまされます。(笑)
 10月26日のことが書かれていないので、他の翻訳を求める必要もないでしょう。







posted by kewpie at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレサ・テン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/190676181
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。