2009年02月19日

クロスフェード

 「時の足音」を連続3回分聞けるようにするファイル(CD)を作ることになった。
 通常のファイルを3回連続して焼いただけでは、ギャップ2秒が入るだけでなく、前奏部分と最後のフェイドアウトも含めると、かなりの「不連続」という印象の部分が長時間作られてしまう。

crossfade.jpg

 そこで、1回目の最後と2回目の先頭、2回目の最後と3回目の先頭を、フェイドアウトとフェイドインとしてダブらせる(クロスフェード)と、聞き手には一瞬「あれ?」と思わせるが、歌が延々と続くことになる。

 それで使ったのは、長年愛用しているGoldWave。事前にフェイドアウト・フェイドインの加工をしたファイルを用意せずに、コピー&ペーストで、クロスフェードができてしまう。あまり長時間の「クロス」は不自然。今回は11秒としたが、本当はもっと短い方が良かったかも知れない。

 ところで、歌詞を見てあれっと思った。

----------
時の足音
作詞 作曲 小渕健太郎 黒田俊介 編曲:コブクロ

別れの季節に揺れる 儚き 一輪花
同じ温もりの風を 誰もが探して歩いてる

出逢いは 空に流れる おぼろ雲の下で
重なり合う 時計の針のように
ゆっくりと ゆっくりと 回り始める

短い針が君なら 長い針が僕で
同じ時間を刻みながら 何度もすれ違い また出逢い
歩く歩幅は違っても 描く未来が同じなら
大丈夫 また同じ場所から 始められるから

「頑張ったけど、だめだったね。」
「負けちゃったけど、かっこ良かったね。」
色んな種をもらった 言葉が 心に 水をやる

短い春に咲く夢 長い冬を越えて
心の奥に集めた種は どんな光で育つのだろう?
歩道の影に咲く花 誰の為にあるのだろう?
「誰の為でもないよ。」と輝く 君に照らされてる

想いが言葉に変わるよ 言葉が光を呼んでる
光がほら影を作る 影で人は強くなれる
強さが優しさに変わる 優しさが出逢いを呼んでる
出逢いが道を創る この道に また 想いを刻む

短い針が止まれば 長い針も止まる
同じ痛みを分け合える幸 いつしか喜びに変わるから
誰もが一人 一つ 一瞬 一秒 一度きり
巻き戻せない時を 躊躇わず 生きてゆける
そんな出逢いを 探してる
一人 一つ 一瞬 一秒 一度きり

出逢えて 良かった
----------

「歩道の影」は「歩道の陰」、「光がほら影を作る」は「光がほら陰を作る」じゃないかなと思った次第である。

posted by kewpie at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ファイル作成
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26953097
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。