2009年03月11日

wmv→mpeg2の変換・その3

mpeg2ファイルが出来上がったので、オーサリングは簡単・・・のはずだったが、思いもかけない壁が待っていた。
 いつものオーサリングと違い、ソースファイルがwmvだったので音質に問題はないか、HDDに出来たファイルをよく聞いてみたところ、何か思ったような音が聞こえるのだ。
 遡ってmpeg2ファイル自身を再生してみるとやはり聞こえる。再度mpeg2ファイルを作り直したが、デジタルデータには充分にあり得ることで、結果は全く同じ。
 仕方ないので、TMPEGEnc Xpress4で音声ファイルをエンコードせず、長い間使い慣れてきた音声ファイルのエディターGoldWaveでエンコード。そして、動画ファイルと、waveファイルを一緒にして、TMPGEnc DVD Authorに読み込ませてみた。音声と画像のずれもなく、ファイル作製完了。
 そして試聴してみるとまた同じノイズが出る。万事休す。

 ふと、全く別の動画ファイルを再生してみると、同じようなノイズが聞こえる。私がエンコードした者ではなく、インターネットからのダウンロードしたものだ。
 で分かったのは、件のノイズは、エンコードの際に作られてしまったものではなく、私のPCが動画ファイルの再生の際に発しているものではないか!

musc_x_takashima.jpg ということで、すでに出来上がっているDVD-Videoファイル群をdvd-rに焼き込み、家電DVDプレーヤで再生してみるとノイズは聞こえなかった。
 今まであまり音声にこだわらなかったので、気がつかなかった私のPCシステムの問題に気づかされたというわけだった。

 以前にもこのビデオはDVD化したのだが、確かエンコードが良好ではなく再生時に音飛びのような状態が発生した記憶があるが、今回はハード・ソフトとも条件が改善され、出来上りもよいようだ。めでたし、めでたし。
posted by kewpie at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ファイル作成
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27527277
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
コメントの投稿について
○お名前とコメント欄の記入は必須です。
○メールアドレスは任意です。記入されても公開はされません。管理人のみに知らされます。
○スパム防止のため、
・ホームページアドレス欄への記入はできません。
・コメント欄にURLは記入できません。
・スパムと思われる語を記入できません。
 これらをしようとすると、最終的に投稿完了できません。
○投稿完了後に、管理人の判断でスパムと判断した投稿は削除させていただきます。